まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「かんぽの宿」営業中の全33施設を売却、日本郵政発表

「かんぽの宿」営業中の全33施設を売却、日本郵政発表

かんぽの宿かんぽのやど)は、日本郵政株式会社が運営する旅館・ホテル。 郵政民営化が行われる以前は、簡易生命保険法第101条に基づき設置された、簡易保険加入者のみを対象としたものであった。また、そのために宿泊施設として利用が可能な保養施設・老人福祉施設という「福祉施設」位置付けであった。
34キロバイト (5,095 語) – 2021年10月1日 (金) 12:52
宿としては良いモノだったかな

1 少考さん ★ :2021/10/01(金) 20:26:08.00

※NHKニュース

日本郵政「かんぽの宿」すべて売却へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211001/k10013286631000.html

2021年10月1日 18時46分

日本郵政は、運営している33の「かんぽの宿」のうち32の施設について売却先が決まったと発表しました。残る1つも売却に向けて協議をしていて、すべての「かんぽの宿」が日本郵政のもとを離れることになります。
日本郵政は1日、運営する32の「かんぽの宿」についてホテルの運営会社など4つの事業者に合わせて88億円で売却することが決まったと発表しました。

また、残る1つについても地元自治体と売却に向けて協議を進めているということで、これで運営する33の施設すべてを売却することになります。営業は継続されます。

日本郵政は2008年にオリックス不動産に対してかんぽの宿を一括で売却することをいったん決めましたが、「安すぎる」などと指摘されたことから白紙となりました。

その後、施設の廃止を段階的に進めてきましたが、営業を続けてきた施設でも利用者数が伸び悩み民営化以降、昨年度までの累積赤字は650億円にのぼっていました。

売却は来年4月で従業員の雇用は継続されるとしています。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

※関連リンク
https://www.japanpost.jp/pressrelease/jpn/2021/20211001166818.html

続きを読む

続きを見る