まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「コロナでお困りの方、毎月5万円差し上げます」 マッチングアプリから男と偽装結婚の疑いで逮捕

「コロナでお困りの方、毎月5万円差し上げます」 マッチングアプリから男と偽装結婚の疑いで逮捕

「コロナでお困りの方、毎月5万円差し上げます」 マッチングアプリから男と偽装結婚の疑いで逮捕 名古屋市
「コロナでお困りの方、毎月5万円差し上げます」 マッチングアプリから男と偽装結婚の疑いで逮捕 名古屋市
トルコ人の男と偽装結婚をした疑いで逮捕された会社員の女、きっかけはマッチングアプリで投稿された「コロナでお困りの方、毎月5万円差し上げます」との誘い文句でした。

逮捕された名古屋市名東区の会社員、味藤愛莉容疑者(24)。

ことし4月から5月にかけて、同じく27日逮捕されたトルコ人の男に長期在留資格を取得させるために、男と偽装結婚をした疑いが持たれています。

なぜ偽装結婚をしたのか。

事の始まりは、味藤容疑者が利用していたマッチングアプリで閲覧した、一通の投稿。

そこに書かれていたのは…。

『コロナでお困りの方、毎月5万円差し上げます』

味藤容疑者がメッセージに返信すると、別のSNSに移行。

相手から「外国人を日本で働かせるお手伝いです。戸籍が既婚に変わるだけで、最大5年間で300万円支払います」などと説明を受け、トルコ人の男と偽の婚姻関係を結んだのです。

メッセージを送ったとされる長友寿樹被告(30)は、別のトルコ人の男と日本人の女性を偽装結婚させた罪で起訴されています。

警察は味藤容疑者の偽装結婚の相手で、トルコ国籍のアカル・メメット・アリ容疑者(26)の他にも、ドルムス・ムスリム容疑者(25)ら2人も逮捕し、3人の指示系統などを詳しく調べています。

警察はいずれの認否も明らかにしていません。

【日時】2021年09月27日 19:34
【ソース】CBCテレビ

続きを読む

続きを見る