まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に

「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に

 写真家が仕事の依頼で撮影した「奈良公園で柔術をしているところ」が、非日常過ぎてコラ画像にしか見えないと人気です。格闘ゲームステージとかにありがちな謎シチュエーション感がある。

【奈良公園柔術へのネット上の反応】

 そこに写っているのは、奈良公園の鹿たち4匹に囲まれ道着で柔術をする2人の男性の姿。マットなどもなく茂みの上で普通に柔術いそしむ姿は、あまりにもシュールです。鹿たちののんきな様子もあり、合成したようにしか見えません

 この写真を投稿したのは、写真家の青々(佐々木香輔)さん。ブラジリアン柔術ジムのNR柔術が、10周年を記念して撮影を依頼したものです。

 どのような発想でこの構図の写真を撮ったのか聞いてみたところ、以下のように回答してくれました。

この写真のイメージ奈良公園で戦う男です。奈良の自然とブラジリアン柔術の融合がいい感じになるのではと思いました。

・・・・・

撮影の経緯はNR柔術が2021年でちょうど10周年となりまして、その記念に私と黒帯インストクターである佐藤、松本の3人で写真を残そうと撮ったものです。どうせ撮るならプロに依頼しようということで佐藤の知り合いの佐々木さんにお願いしました。この写真の他にも数枚の素晴らしい写真が出来上がりました。構図などは佐々木さんのアイデアです。奈良県格闘技道場なので、奈良公園の景色の中で道着を着て撮ると良いのではということで意見が一致して佐々木さんに依頼しました。

撮影時苦労したことはやはり鹿のフンが多くてただただ我慢するということがあります。あと鹿さんがなかなか思い通りにじっとしてくれませんでした。しかし佐々木さんはさすがはプロの写真家、素晴らしい写真ができました。 

・・・・・

画像提供:青々さん

!?

(出典 news.nicovideo.jp)

鹿の表情がまたいい。「おまえら暑いのによーやるわ」って言ってそう。

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る