まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「家事は女」「男は仕事」固定観念が男女双方に…内閣府調査

「家事は女」「男は仕事」固定観念が男女双方に…内閣府調査

男らしさ(おとこらしさ)とは、これが男性の特性(あるいは特徴・要件等)である、と特定の話者や特定の集団が想定ている観念群のことである。「女らしさ」という観念に対置れるもの。 「男らしさ」や「女らしさ」という概念は、ジェンダー(生まれつきの性によって人が社会の中でどのようなあり方をているか)という名称で括られて研究されている。
20キロバイト (3,134 語) – 2021年10月1日 (金) 18:53
慣例に身を任せてる方が楽か

1 少考さん ★ :2021/10/02(土) 13:55:19.51

※時事通信 ※【内閣府男女共同参画局】【 対象者条件】 全国男女20代~60代【調査手法】 インターネットモニターに対するインターネット調査【 回収数】 10,330人【調査期間】令和3年8月13日(金)~8月18日(水)【発表】令和3年9月30日

性別で思い込み「ある」76% 「家事は女性」「男性は仕事」―内閣府調査
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100200130&g=soc

2021年10月02日13時33分

内閣府が、性別に基づく無意識の思い込み(アンコンシャス・バイアス)について初めて調査を実施したところ、回答者の76.3%が「ある」と回答したことが分かった。家庭や職場で「家事は女性」「男性は仕事で家庭を支える」といった固定観念が男女双方に強く残っていることが浮き彫りになった。

調査は性別による役割や思い込みに関する36項目について尋ねた。男女とも、1位は「女性には女性らしい感性がある」(男性51.6%、女性47.7%)、2位は「男性は仕事をして家計を支えるべきだ」(男性50.3%、女性47.1%)だった。

 一方、「デートや食事のお金は男性が負担すべきだ」(男性37.3%、女性22.1%)、「男性は人前で泣くべきではない」(男性31.0%、女性18.9%)、「男性なら残業や休日出勤は当たり前だ」(男性20.2%、女性10.3%)といった、男女で意識に差がある回答もあった。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

続きを見る