まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「工藤会」頂上作戦時の「収支報告書」から見る稼ぎ具合、極刑判決が与えたヤクザ界への衝撃

「工藤会」頂上作戦時の「収支報告書」から見る稼ぎ具合、極刑判決が与えたヤクザ界への衝撃

「工藤会」頂上作戦時の「収支報告書」から見る稼ぎ具合、極刑判決が与えたヤクザ界への衝撃
「工藤会」頂上作戦時の「収支報告書」から見る稼ぎ具合、極刑判決が与えたヤクザ界への衝撃
■車もスーツも新調していたのに
この度、編集部では福岡県警が工藤会壊滅作戦を敢行していた当時の工藤会の「収支報告書」を入手。本稿ではこれを読み解き、その一端を明らかにすると共に、今年8月に下された死刑判決が暴力団関係者らに与えた衝撃の大きさを見てみよう。

「車もスーツも新調していたのに」――。全国で唯一の特定危険指定暴力団「工藤会」(福岡県北九州市)のナンバーワンで総裁の野村悟被告(75)に対し、福岡地裁が死刑判決を言い渡したのは今年8月24日のことだった。その日、福岡県内に拠点を置く指定暴力団のある幹部は一報を聞き、旧知の警察関係者にそう漏らしたという。

 野村被告は組織ナンバーツーで会長の田上不美夫被告(65)と共に、1998年の北九州市の元漁協組合長射殺事件など一般市民に対する4件の襲撃事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)の罪に問われた。

「裁判で、検察側は被害者や元組員らの証言と状況証拠を積み上げ、野村被告をトップとした組織の絶対的な指揮命令系統を解明しました。一方、野村、田上の両被告が実行犯に指示を出したという直接証拠は示されない中、極刑の判決が下されたわけです。捜査当局にとっては期待通りの結果でしたが、“暴力団業界”では『無罪』と楽観する向きもあったからこそ、新車を準備してまで出所を待っていた。衝撃は大きく、他団体であっても他人事では済まされないという雰囲気が漂っていますね」

 前出の警察関係者はそう解説する。

■野村さんに時計を差し出したところ
野村被告は1980年代に工藤会の二次団体幹部になると順調に出..

【日時】2021年11月11日 06:01
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る