まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「神のお使いでは…」“四つ目のカモシカ”あらわる

「神のお使いでは…」“四つ目のカモシカ”あらわる

「神のお使いでは…」“四つ目のカモシカ”あらわる
「神のお使いでは…」“四つ目のカモシカ”あらわる
撮影した男性は「神の使いかと思った」と話しています。神秘的なカモシカに注目が集まっています。

 カモシカは、はっきりとこちらを見ているように見えます。いわゆる「目が合った」という状態です。しかし問題は、その目。こんなことがあるのでしょうか…。

 撮影した岡本栄司さん(80)は「神様の使いではないか」と話しています。

 写真が撮られたのは先月、場所は宮城県登米市にある寺院の裏山でした。美しい境内を抜けた駐車場の奥です。

 柳津虚空蔵尊・杉田勧雄副住職:「(普段から)普通に歩いてきたりとかしております」「(Q.どの辺にいる?)ま、どこっていうこともないんですけど。境内を…カモシカがゆっくりと…」

 と、その様子を手の動きで表現する副住職。ただし…。

 柳津虚空蔵尊・杉田勧雄副住職:「四つ目のカモシカは、まだ見たことがございません。本当に『神様のお使い』のような感じですね」

 これぞまさに神仏習合か…。お坊さんも何のためらいもなく口にする「神様」というワード。この写真の力に他なりません。

 専門家に話を聞きました。

 東北野生動物保護管理センター・宇野壮春代表:「これは目ではなくて、下の部分は『眼下腺』。縄張りのための分泌物を出す腺が目の下にある。それが目に見えたんだと思う」

 おととし、住宅地に現れたカモシカも目の下に眼下腺とみられる部分が確認できます。そして、こちらのカモシカも、見ようによっては目が四つあるように見えなくもありません。

【日時】2021年06月08日 19:11
【ソース】テレ朝news
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る