まとめサイト様の相互RSSはこちらから

「運命の女性と結婚するため目についた存在殺さねば」…親族ら5人殺傷 神戸市

「運命の女性と結婚するため目についた存在殺さねば」…親族ら5人殺傷 神戸市

「運命の女性と結婚するため目についた存在殺さねば」…親族ら5人殺傷 神戸市
「運命の女性と結婚するため目についた存在殺さねば」…親族ら5人殺傷 神戸市
神戸市北区で2017年、親族ら5人を殺傷したとして殺人罪などに問われた無職竹島叶実(かなみ)被告(30)の裁判員裁判の判決が4日、地裁で言い渡される。統合失調症だったとされる被告の事件当時の精神状態や刑事責任能力の有無が争点で、弁護側は心神喪失状態だったとして無罪を主張しているが、検察側は「善悪の判断能力などは残っており、刑事責任は問える」として無期懲役を求刑。裁判所の判断が注目される。

起訴状では、竹島被告は17年7月、自宅で祖父母を包丁で刺すなどして殺害し、近所の女性も刺殺。母親と近くに住む別の女性も襲い、重傷を負わせたとされる。

今年10月13日の初公判を含めて、これまでの審理は7回。証拠調べなどによると、竹島被告は高等専門学校在学中、成績優秀だったが、大手鉄道会社への就職内定を突然辞退し、中退。アルバイトを経て電子系専門学校に入り、卒業後はシステムエンジニアの仕事に就いたが、半年で退職、事件当時は無職だった。

事件の4日前、竹島被告はインターネットの掲示板で見た数字から高専の同級生だった女性の出席番号を連想。運命的だと感じ、一方的に好意を募らせた。「神社に来てくれたら結婚する」という女性の声の幻聴や妄想にとらわれ、自分と女性以外は人間ではないと思い込み、結婚するためには目についた存在を殺さなければならないと考え、親族らを襲ったという。

【日時】2021年11月04日 07:10
【ソース】読売新聞オンライン
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る