【え?】「ゆで卵を生卵にしてひよこにふ化させる」=中国の学術誌に掲載された論文が物議

【え?】「ゆで卵を生卵にしてひよこにふ化させる」=中国の学術誌に掲載された論文が物議

2021年4月26日、紅星新聞は、「ゆで卵を生卵に戻してひよこにふ化させる」という内容の論文が中国の学術誌に掲載されて物議を醸していると報じた。

記事によると、吉林省の学術誌「写真地理」の2021年3月号に「加熱した卵を生卵に戻してふ化させる実験報告」と題した論文が掲載された。実験の目的は「正常で新鮮な受精卵をゆでて加熱した後、特異な学生の念力やエネルギーの伝播によりゆで卵を生卵に戻し、ひよこにふ化させて成長させる」となっており、概要には「すでに40個余りの卵を生卵に戻した」と記載されていたという。

この論文の第一著者は河南省鄭州市にある職業研修学校の校長。26日に、第二著者である同省新鄭市郭店鎮の教師が「近所にある養鶏場で新鮮な卵を20個ほど選んで実験室に送った。そこから卵を選んで学生に念力を伝えさせた。その後、私の所に8個の卵が戻ってきて、8個中7個が生卵に戻っていて、1個はゆで卵だった。それから生卵をふ化させたが、ふ化に成功したものは1個だった」などと語った。

また、「あなたは実験中の『ゆで卵を生に戻す』過程に立ち会っていたのか」との質問に第二著者は「私はその部分は担当していない」とし、「具体的に、学生にどのような『生卵に戻す技術』操作をさせていたのか」との問いにも、「その過程には参加していない」としながらも「私はそこに参加していないが、この過程にうそはないと思っている」と述べたという。

記事によると、武漢大学、華中科技大学、武漢科技大学の生物学教授3人は、ぞれぞれ「既存の科学技術で、火の通った卵を生卵に戻すことは不可能。ましてやふ化させることなどできるはずがない」と実験の内容と結果を否定する見解を示しているという。(翻訳・編集/川尻

26日、紅星新聞は、「ゆで卵を生卵に戻してひよこにふ化させる」という内容の論文が中国の学術誌に掲載されて物議を醸していると報じた。写真は論文の第一著者。

(出典 news.nicovideo.jp)

これ本当に学術誌に掲載されたの?
ありえんでしょwww

もしも本当ならとんでもない話だけど、そもそも学術誌で念力ってwww

<このニュースへのネットの反応>

『ゆで卵を生に戻す』過程はありまぁす!

>特異な学生の念力 ここ笑う所?

それは学問じゃねえw

学術誌w

近所のおっさんも出来るって言ってた。でも役に立たないってよ。

「念力」という科学的根拠の怪しい事が書かれていても査読を通っちゃうのか?いくら中国でもさすがに酷すぎる気がする。とはいえ、もし「念力」を実施する方法が科学的に書かれていて、その通りに実施したら誰でも実現できるだけの再現性があるなら大発見ではあるが、普通に考えたら加熱が不十分でゆで卵にならなかったか別の生卵にすり替えたんだろうな。

タンパク質の変性について高校化学から勉強し直して下さい

リアルオレンジキッドかな?

写真からして宗教くせえババアだな

キュウリから日光を取り出せそうだな

この論文を掲載することを決めた人全員クビにすべき。科学をバカにするな。

特異な学生の念力やエネルギーの伝播によりゆで卵を生卵に戻し>この時点で質の悪いオカルトでしかない。怪しげな魔術や錬金術がまかり通ってた中世かよ。

最終的には不老不死とかわけわからん迷走した錬金術は真理の門だとか賢者の石とか抜きにして「金」を錬金する過程で様々な合金を生み出して「金」ではなく「金」を生み出した成果はあるから…魔術も噛み砕けば民間療法の外法に値する最後の逃げ道だし?もしかしたら彼等の生きている次元の中国には念力や特殊なエネルギーや魔力でタンパク質を変質出来るかも知れない…

↑その特殊なエネルギーの生成・作用までキチンと論文に盛りこめて初めて学術誌に乗せろってことよ

詐欺を行う前段階の「論文が発表された」という実績作りの為だけの行為だろうな

コイツら懲りもせずまた世界中から嫌われる事(嘘つき)やってやがんな

インドは現在、これまでで最悪の新型ウイルス流行の波に見舞われており、医療現場がひっ迫し、火葬場は休みなく稼働している。・・・・・オイおまいら頼むからインドのコロナを念力で治して来てくれ(懇願)

割れた卵は戻らないとかそう言うお話?学問?

こんなすぐバレる嘘をなぜつくのか

オレンジキッドじゃん 本当ならノーベル賞10個クラスの偉業だぞ

width=”185″ height=”104″ border=”0″>

続きを見る