まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【アメリカのCDC】7月、ワクチン2回接種済みの人は接種していない人に比べて、発症数は8分の1、入院や死亡数は25分の1だった【反ワクチン派涙目!?】

【アメリカのCDC】7月、ワクチン2回接種済みの人は接種していない人に比べて、発症数は8分の1、入院や死亡数は25分の1だった【反ワクチン派涙目!?】

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/08/23(月) 06:22:24.99 ID:nU4NDGO39
新型コロナウイルスのワクチン接種が日本で始まっておよそ半年が経ちました。
ワクチン接種がいち早く進んだ70-80代の高齢者における感染者の増加が抑えられているなど、ワクチンの効果も出始めています。

接種に主に使われているのは「mRNAワクチン」という新しい種類のワクチンです。
新型コロナの流行からわずか1年ほどで承認されたことなどもあり、安全性に懸念を持つ人も少なくありません。

しかし、実はこのワクチンは、ノーベル賞の有力な候補に挙げられるほどの画期的な発見によって実現したもので、
20年以上にわたる地道な研究が生んだ成果です。

mRNAワクチンが体をウイルスから守る仕組みから変異株への効果や副反応について、
さらにワクチン開発の裏側や国産のmRNAワクチンの開発状況まで、現時点で科学的に確かめられている情報をまとめました。

新型コロナウイルスが最初に見つかってわずか1年で実用化された「mRNAワクチン」。
臨床試験で確認された発症予防効果はファイザー製で約95%、モデルナ製で約94%と、十分な有効性が認められています。

7月にアメリカのCDC(疾病対策センター)の研究者が発表したデータでは、
1週間の10万人あたりの新型コロナウイルス関連の発生人数で見ると、2回接種済みの人は接種していない人に比べて、
発症数は8分の1、入院や死亡数は25分の1だったことが示されました。 
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86304?imp=0

no title


続きを読む

続きを見る