まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【サウスカロライナ州で法案が成立】死刑囚に「銃殺刑か電気椅子」どちらか選ばせる。法案が成立した経緯が皮肉すぎる。

【サウスカロライナ州で法案が成立】死刑囚に「銃殺刑か電気椅子」どちらか選ばせる。法案が成立した経緯が皮肉すぎる。

【サウスカロライナ州で法案が成立】死刑囚に「銃殺刑か電気椅子」どちらか選ばせる。法案が成立した経緯が皮肉すぎる。

カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

アメリカ、サウスカロライナ州で死刑囚は銃殺か電気椅子を選択

pixabay

 アムネスティが分析した死刑の適用状況2020年度版によると、現在、死刑制度を継続している国の実際の執行率は減少の一途を辿っているという。 だがアメリカの場合その事情はちょっと特殊だ。従来の死刑執行法である薬物の入手が困難になっていることが背景にあるという。そのため、近年では死刑制度が衰退もしくは廃止となった州もいくつか存在しているそうだ。 そうした現状の中、サウスカロライナ州知事は先日、死刑執行において死刑囚銃殺刑もしくは電気椅子のどちらかを選択させる法案に署名した。 上記の理由から、11年間も死刑が執行されていない同州知事は、「署名したことで、愛する人を失った被害者遺族に法が正義と解決を提供できる」と述べている。『The Guardian』などが伝えた。

【死刑囚に銃殺刑か電気椅子のどちらかを選択させる法案が成立】


Governor McMaster signs law making inmates choose electric chair or firing squad

 5月14日、サウスカロライナ州のヘンリー・マクマスター州知事は、死刑執行に使用される薬物が入手できない場合、電気椅子もしくは銃殺刑のどちらかを死刑囚が選択することを認める法案に署名した。

 死刑情報センターによると、アメリカではドナルド・トランプ政権時は連邦政府による死刑執行が行われており、政権交代前には13人の死刑囚の執行がなされたそうだ。

 しかし、ジョー・バイデン大統領が就任して以来、アメリカでは死刑が執行されておらず、連邦や州の刑務所には2500人もの死刑囚が溢れているという。

薬物不足により死刑が延期になる事例が相次いでいた

 サウスカロライナ州においては、2011年以降死刑は執行されていない。その理由の1つは、従来の死刑執行方法となる薬物注射に使用される薬物が全米で入手困難となっているからだ。

 以前の法では、電気椅子を選択しない場合、第1手段となる薬殺刑により死刑執行がなされる。ところが、薬物不足のため、囚人がその状況を逆手に取って電気椅子での処刑に同意せず、死刑が延期になるという事態が続いているという。

 今回の新たな法では、薬殺刑が不可能な場合でも、電気椅子か銃殺刑かどちらかを選択させることで、死刑が執行されることになる。

 死刑囚は、執行日から14日以内に銃殺刑か電気椅子かを選択しなければならず、選択を拒否したり銃殺刑を選択しなかったりという場合は、州矯正局が電気椅子による死刑執行を執り行うという。

サウスカロライナ州は銃殺刑を認める4番目の州に

 これまで、アメリカでは銃殺刑オクラホマ、ミシシッピ、ユタ州で認められているが、今回サウスカロライナ州はそれが許可された4州目となった。

 5月17日、マクマスター州知事はTwitterでこのようにシェアした。

今週末、州が死刑を執行することを許可する法律に署名しました。

愛する人を失った被害者遺族は、法によって正義と解決を提供されることが可能になりました。

 死刑が執行されたからといって、愛する人が戻って来るわけではないが、少なくとも法による正義が叶うと同州知事は述べている。


Governor McMaster signs law making inmates choose electric chair or firing squad

死刑に対する考え方の変化は製薬会社にも影響

 死刑執行に使用される薬物の入手が困難な理由は、多くの製薬会社が州で薬殺刑に用いられる薬の販売を止めているからだ。

 2016年、世界最大の製薬会社ファイザーは、同社の製品が死刑執行のためにアメリカ刑務所で使用されないようにするための新しい一連の規制を課し、「当社は患者の命を向上させ救うために、製品を製造し、そのサービスを提供している」と述べた。

 死刑廃止が強く訴えられる背景には、人種問題も深く関わっているようだ。死刑情報センターによると、連邦死刑囚の約40%は黒人だという。

 また同センターは、1973年以来アメリカでは誤った有罪判決を受け、死刑宣告された170人以上が免罪となっていることも報告している。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

料理・健康・暮らしの記事をもっと見る

死刑囚に「銃殺刑もしくは電気椅子」のどちらかを選択させる法案が成立(アメリカ・サウスカロライナ州) – カラパイア

哺乳類はお尻で呼吸することができる。腸に酸素を供給することで人工呼吸器の代替手段に(日本研究) – カラパイア

天井から滴り落ちる赤い液体…身も凍る恐怖体験をした女性の話 – カラパイア

実際には罪を犯していないのに「自分がやった」と認めてしまう子供たち。未成年者に潜む冤罪の危険性 – カラパイア

死刑囚に「銃殺刑もしくは電気椅子」のどちらかを選択させる法案が成立(アメリカ・サウスカロライナ州)

(出典 news.nicovideo.jp)

~せかちん☆コメント~

コメント欄にある遺族に選択させるのはまだいいかもしれないけど、ボタンは押させちゃいけないと思う。殺してやりたいくらい憎んでいるだろうけど、ボタンを押すだけとは言え自分で人を殺してしまったらその罪悪感はきっと消えない。

アメリカの場合は黒人差別が根強く残っているのが見て取れますね。死刑囚の40%が黒人で、冤罪で死刑になっていて釈放されたのも黒人がほとんど何だろう。だから死刑廃止を訴えるためにも死刑執行の手段をなくすため供給をやめた薬も、結果よりつらい電気椅子か銃殺の選択をしなければならなくなるなんて、皮肉なもんですね。

もっぷ

もっぷ

本人に選ばせるとはきついなぁ。 遺族に選ばせてあげたらどうだ。

QTA

QTA

電気椅子がまだ現役だとはしらなかった

seath

seath

豆知識:絞首刑が最も苦痛がなく、しかも安価で確実。電気椅子は過去にも激痛を訴える囚人がおり、人道的かつ倫理的という謳い文句とは真逆。銃殺は急所を外れれば即死できない。絞首刑の基礎理論は窒息死ではなく頚椎の脱臼(鶏を〆るのと同じ)。9m以上の高所から首に縄を結わえて落下させると確実に生存に必要な機能が集中する延髄がある頚椎が破壊される。

seath

seath

ちなみに死刑を執行されても死ななかったり、あとで息を吹き返したらとりあえず刑罰は受けたからという理由で再度刑を執行されることはない。

kosuke

kosuke

製薬会社が死刑反対の運動家にずっと嫌がらせされたんだろうということは察する

橘ギャレン

橘ギャレン

選ばせて、拒んだ方を実施するの?

しゃとん

しゃとん

たまに思うんだが、そこまで気を使うなら、気絶させて処刑したらいかんの? 意識ないまま一瞬でやれば苦痛なんて感じないだろ

あやひろ

あやひろ

前情報として「死刑宣告後に撤回された冤罪被害者が182人もいる事」「その方々への公的な補償は一切ない事」を知っていると、アメリカの闇が見えてくると思います。死刑を廃止したり、死刑に協力しない製薬会社が出てきてもおかしくないんですよね。

ヨタ

ヨタ

しゃとん そのための薬殺だったけど(それでも体質によって偶に苦しむ)EUが死刑反対の観点から禁輸して、薬が入手困難になり電気椅子や今回の銃殺解禁に繋がる。

ゲスト

ゲスト

グリーンマイル見たら電気椅子の違う怖さがよく分かる

ゲスト

ゲスト

上にもあるけど遺族に選ばせるべき。あとスイッチも望むなら遺族に押させるのを許可すべき

age-s

age-s

グリーンマイルされなきゃ電気椅子のほうが苦痛は少ないはずだが、さあて

続きを見る