【仰天回答!】8歳児の放った「7文字」解答に反響 学校教育の弱点がひと目でわかる展開に | ニコニコニュース

【仰天回答!】8歳児の放った「7文字」解答に反響 学校教育の弱点がひと目でわかる展開に | ニコニコニュース

8歳児の放った「7文字」解答に反響 学校教育の弱点がひと目でわかる展開に | ニコニコニュース

大人より一回りも二回りも年齢が下というだけで、なぜか軽く見られることの多い子供たち。しかし、子供特有の柔軟な発想力や思考力に、我われ大人たちも学ぶべきことは多いはずだ。

■娘が解答した答えとは…

現在ツイッター上では、臨床心理学を専門とする大学教員(講師)のちくわぶさんが投稿した一件のツイートが注目を集めている。

投稿には「最近ではあるものを利用し、家にいたままで買い物ができるようになりました。何を利用していますか。カタカタ7字で書きましょう」という設問と、元気な字体で書かれた「ウーバーイーツ」という解答が。

ツイート本文を見ると「娘の解答。正解はインターネットでした!!」とつづられていたのだが、ウーバーイーツでも正解…というか現代においてはむしろこちらの方が適切と個人的には感じられる。

関連記事:竹内涼真、Uber Eatsで届いた商品に驚き その後の対応にも反響

■「コッチが正解」と支持する声多数

デジタルネイティブ」という言葉もあるように、生まれたときからPCやインターネットが存在していた世代にとって「インターネット」という存在は「最近」誕生したものではない。

ツイートに対し、他のユーザーからは「これは花丸をあげたい」「むしろコッチが正解では?」「これに丸をつけられるかどうかで、教師の器が試されてそう」といった反響の声が続出。

そしてこちらのツイートを受け、まさかのUber Eats Japan公式アカウントが、直々にリプライを飛ばす事態に発展。その後の突然の豹変ぶりにも注目が集まっている。

■なぜ急に塩対応に…

ツイートを受け、Uber Eats Japanは「100点満点中の200点です!」「ご本人様に素晴らし解答だと伝わりますように」と、粋なリプライを投稿。

まさかの公式降臨を受け、他のユーザーたちも「本物が来るのは面白すぎる」「本家からのリプが温かすぎる」「公式もテンション上がって書き損じてるのかわいい」と大盛り上がりだ。

また、中には「クソリプ失礼」と断りつつ、「ウーバーイーツは食べ物限定では?」「買い物全般も対応してくれるのかな?」と疑問を書き込んだユーザーもいるのだが、こちらに対してはUber Supportアカウントが「お問い合わせいただきありがとうございます」「大変恐れ入りますが、サポートチームにて確認をさせて頂くため、該当のお問い合わせにつきましては、下記のヘルプページからお問い合わせいただきますようお願い致します」と返信。

先ほどのリプライとは打って変わってBot感丸出しの文章なのだが、こちらは恐らく「ウーバーイーツ」に対する疑問や質問を投稿したアカウントに自動的に返信しているものと思われる。

一連の流れを受けて、「この煽りは強い」「流れが面白すぎるやろ」「事務的なの笑っちゃう」といった声が相次いでいた。

■気になる採点結果は…

と、ここで気になったのが話題の解答の採点結果。正答は「インターネット」とのことだが、果たして丸つけ時は娘にどのように解説したのか…ツイート投稿主のちくわぶさんに、詳しい話を聞いてみることに。

UberEats(画像提供:ちくわぶさん)

こちらの設問は「社会」科目の家庭用学習ドリル内に登場したとのことで、娘の解答を見てちくわぶさんは「時代についていけていない(そしてそれに気づいてすらいない)学校教育に対する提言のように見えて、面白くて笑ってしまいました」「これは、出題者と議論できる案件だなと感じました」とコメント

確かにこちらの「ウーバーイーツ」解答は本質をついているだけでなく、多方面への風刺を兼ねており、且つ解答者にその狙いがなく、完全に無意識で解答しているのが最大のポイントだろう。

■その後の切り返しがこれまた秀逸

なお、ちくわぶさんは娘に「解答は『インターネット』と書いてある」と説明しつつ、「最近ではない」ということと、インターネット以外に電話などを利用しても通販は可能なため「あまり問題が良くないのでは」という旨を伝えている。

その上で「『ウーバーイーツ』は固有ブランド名であるためあまり一般的な解答ではないが、バツにする理由もないため、マルかな」と、娘の導き出した解答をしっかり認めてあげたそう。

この解説を受け、娘からは「インターネットは昔からあるから、この問題は、昔の人が作成したのでは」という意見が飛び出したとのことで、なんとも痛快である。

学校で教わることが全てではないということ、子供の意見を尊重し、その答えと真剣に向き合うことの大切さを感じさせる素敵なエピソードではないだろうか。

・合わせて読みたい→信号が青になった瞬間に突然… フット岩尾、遭遇した配達員に「ヒヤっとした」

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

8歳児の放った「7文字」解答に反響 学校教育の弱点がひと目でわかる展開に

(出典 news.nicovideo.jp)

続きを読む

width=”185″ height=”104″ border=”0″>

続きを見る