まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【僕悪くないもん】河野大臣「ワクチンの契約はしたのに世界的な需要増で6割以上届かない。あくまで一時的だ」 [和三盆★]

【僕悪くないもん】河野大臣「ワクチンの契約はしたのに世界的な需要増で6割以上届かない。あくまで一時的だ」 [和三盆★]

最初から言えよ、充分有るって言ってたじゃ無いか!

1 和三盆 ★ :2021/07/06(火) 14:14:34.20

河野太郎規制改革相は6日の記者会見で、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの6月末までの供給量が当初計画より6割以上少ない1370万回分だったと明らかにした。世界的な需要の高まりが原因だと説明した。

9月末までに5000万回を確保する計画全体に変更はなく、供給が手薄になるのは一時的だと強調した。

厚生労働省はモデルナからワクチンを6月末までに4000万回分、9月末までにさらに1000万回分の供給を受ける契約を結んでいた。

河野氏は「6月末までに供給を受けたワクチンは1370万回分、残りは第3四半期に供給を受ける」と述べた。

「世界的な需要が厳しいなか政府として必要な量を確保すると(モデルナと)協議のうえで決めた」と語った。「量が減ったわけではない」とも主張した。

モデルナ製は企業や大学で実施する職場接種を中心に使う。政府は企業や団体からの申請が想定を上回ったため受け付けを一時休止している。

地方自治体が接種に使うファイザー製のワクチンは在庫が十分にある自治体への配分を1割程度減らす方針を示した。直近の接種回数を勘案し、在庫が「6週間分を超える自治体には配分量を1割程度削減して調整に回したい」と話した。

7~9月末の期間は2週間ごとに1万箱(1170万回)を各自治体に配送すると表明した。

在庫の状況は国の記録システム(VRS)を通じて把握する。8日時点の接種実績を前提に在庫の量を調べる。河野氏は「各自治体は8日までにVRSの入力を完了してもらいたい」と呼びかけた。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA062A00W1A700C2000000/

続きを読む

続きを見る