【宣戦布告?】N国・立花氏、ひろゆきに「極悪人」と言及。“財産差押さえ”を弁護士に相談、ホリエモンも反応

【宣戦布告?】N国・立花氏、ひろゆきに「極悪人」と言及。“財産差押さえ”を弁護士に相談、ホリエモンも反応

 「NHK受信料を支払わない方法を教える党」を率いる立花孝志党首が、ネット掲示板2ちゃんねるの創設者で実業家のひろゆきこと西村博之氏に宣戦布告し、話題になっている。

 立花氏は19日にツイッターを通じ、「西村博之は、4億円を踏み倒した、極悪人」と糾弾。「こんな人間が公共の電波【テレビ】を使って、偉そうに他人に説教しているのが許せない」と断罪し、「昨年4月に民事執行法が改正されているので、西村博之が、日本に戻って来た時点で、財産差押さえが出来ないか?弁護士と検討しています」と明かした。

 また、立花氏は「西村博之によって、被害を受けた方は私に相談して頂けたら、敵をとれるかもしれません」と呼びかけつつ、「支払い能力がない人なら、無視するのも仕方ないと思いますが、西村博之には、4億円以上の財産があるはずです」と指摘。「4億円踏み倒したまま、その過去を知らない世代の若者に偉そうにアドバイスしているのを阻止しないといけないと思っています」とつづっていた。

 現在、フランスに在住しているひろゆき氏。しかし、まだ日本に住んでいた頃から2ちゃんねるに関連した多数の訴訟を起こされたものの、多くの裁判に出廷しなかったため、敗訴。多額の損害賠償を背負っているが、賠償金は「支払わない」と宣言している。

 ​>>ひろゆき氏、映画『鬼滅の刃』の違法視聴を告白?「ご想像にお任せします」モラル問う声<<​​​

 立花氏が改めて言及したこのひろゆき氏の損害賠償問題に、ネットからは「ここはお互い派手にやってもらいたい」「ひろゆきをぶっ壊す党に改名しそう」「これは見応えのあるプロレスになりそう」という面白がる声が集まっていた。

 また、この一連のツイートに、ひろゆき氏本人は言及していないものの、ひろゆき氏と袂を分かつようになった実業家の堀江貴文氏は、立花氏のツイートリツイートしている。

 立花氏の宣戦布告に、ネットからは「また炎上商法?」「マツコに飽きたら今後はひろゆきか…」という呆れ声も上がっているが、果たして本人が反応することはあるのだろうか。

記事内の引用について
立花孝志公式ツイッターより https://twitter.com/tachibanat

立花孝志氏

(出典 news.nicovideo.jp)

ひろゆきさん頭はずば抜けていいから法廷に出席しなかった事自体も何か自分を擁護出来るだけの最もな言い分がありそう。

あの人にディベートで勝てる人って早々いなそうですね。

それよりこの党の名前大丈夫?ww
続きを読む

続きを見る