【家電】「まだあった」「冷やし忘れた」が激減!パナの「ストックマネージャー」は食材の“うっかり”をなくす安心装置だ

【家電】「まだあった」「冷やし忘れた」が激減!パナの「ストックマネージャー」は食材の“うっかり”をなくす安心装置だ

冷蔵庫に卵がまだあるのに買っちゃった」「牛乳を余計に買って無駄になった」といった経験をしたことがある人は少なくないでしょう。また、家族がいる人の場合、「買ってきたらかぶっちゃった」ということはきっとあるはず。それを防いでくれるのが、パナソニックが今春新発売した「重量検知プレート」です。

↑「重量検知プレート(卵ケース付き) NY-PZE1B1」。卵ケースなしの「重量検知プレート NY-PZE1」もあります(ともにオープン価格)

 

本稿では筆者が実際にいくつかの食材で本機を試し、使い勝手などをレポートしていきます。

 

「買ったらかぶった」を防げる

本体のサイズは幅120×奥行230×高さ21mmで、230g。見た目はシンプルで、裏側の電池ケースに単3形アルカ乾電池を4本入れて使います。

↑変形A4サイズGetNaviとの比較。卵ケースは幅115×奥行326×高さ83mmです

 

次は、同梱された説明書に従って専用アプリ「キッチンポケット」をインストール。「CLUB Panasonic」の会員登録をしてセットアップへ。説明書や本体にQRコードがあるので、そこから飛べばすぐにダウンロードできます。

iPhoneのほか、Androidスマホでもインストールできます

 

アプリからログインしたら、あとは画面の指示に従えばスムーズWi-Fiを設定して「重量検知プレート」をアプリに登録します。そうしたらいよいよ食材の登録へ。まずは卵を管理することにしました。

↑付属の卵ケースは最大12個置けるようになっていて、今回は10個からスタート

 

食材は自由に登録でき、卵や牛乳などあらかじめ項目が用意されている品目もあります。この設定時に利用期限目安の日付を入力することで、賞味期限切れの防止に役立つのもメリット

↑残量表示は2パターンあり、卵は「個数」で。飲料などは「%」表記で管理でき、これらは設定から変更できます

 

「使い忘れ通知」の設定でアラートを出すこともできるほか、設定した残量まで減った時や毎日決まった時間(買い物前)など、生活スタイルに合わせて好きなタイミングで残量情報を通知できるのもポイントです。

↑残量を通知するタイミングも、好みに応じて変更できます

 

↑1個使うと、アプリの表示も1個減って9に減少。このように両者を同期することで、食材の管理を実現してくれます

 

複数の端末にアプリダウンロードすれば、情報を家族などと共有することも可能。これを活用すれば、「卵が残り少ないみたいだけど買ってこようか?」「うん、ありがとう!」といったやりとりで、「買って来たらかぶっちゃった」というミスを防げるのです。

↑例えばこちらは奥さんの端末から。個数がわかるので、「あと2個あるよね。買ってくる卵は10個入り? それとも6個入り?」のようなやりとりも可能となるのです

 

使い忘れや「ビール冷やし忘れ」も防ぐ

ちなみに、2020年パナソニックが行った「残量を管理したい食材は?」という調査によると、1位は卵、2位は牛乳、3位はヨーグルトだったそうです。ということで、次は牛乳でトライ。

↑未開封の状態からスタート。パーセンテージは飲みかけの状態からでも「80%」などマニュアル入力できます

 

利用期限目安は7日を切ると赤くなって表示。目立たせることで、廃棄に対する意識も高まります。また、使用量のログを自動でグラフ化してくれることで、どのように使っていったかを可視化。ビールの休肝日を設けたい人などは「前回飲まなかったのはいつだっけ?」を知ることができるのです。

↑筆者は4日で80%の牛乳を消費。土日は消費量が多く、おそらくカフェラテを飲む量が平日より多いということがわかりました

 

そのほか、ヨーグルトビールでも試しました。ヨーグルトは、冷蔵庫の奥に入れてしまった場合、残量を見るためにいちいち取り出すのは大変です。その点でも重宝すると思います。

↑本体手前の側面にはWi-Fiランプがあり、設定変更などをするときに底面のWi-Fiボタンを押すと「リアルタイム通信モード」になり緑色に点滅/点灯。この通信モードは更新頻度を変更でき、1時間に1回の「通常モード」と1日1回の「省エネモード」があります

 

ビールで使えると思ったのは、ストックがあるかどうかだけでなく、冷蔵庫に何本入っているかをチェックできるところ。というのも、ビールは冷えていないとおいしさが微妙なお酒。かといって氷で冷やすのはご法度です(台湾などでは氷を入れて飲む文化もありますが)。「重量検知プレート」を活用することで、家族がいる人なら、「ごめん。ビールを冷やすの忘れてたから、パントリーから冷蔵庫に2本入れといて」「わかったー」といったやりとりが可能に。

↑通販などでお気に入りのビールをまとめ買いしている人には特に、「重量検知プレート」が大活躍

 

また家族がいなくても、冷蔵庫に冷えたビールストックされていないことが分かれば、帰路にコンビニスーパーで冷蔵されたビールを買えばいいのです。「余計に買っちゃった」「賞味期限が切れちゃった」「冷やし忘れた」など、食品に関する“うっかり”をなくしてくる安心装置、それが「重量検知プレート」なのです。

「まだあった」「冷やし忘れた」が激減!パナの「ストックマネージャー」は食材の“うっかり”をなくす安心装置だ

(出典 news.nicovideo.jp)

これは便利!!だーけーど

場所とるなーw

<このニュースへのネットの反応>

タグみたいなのとまた違ったアプローチや機能で面白いと思った(小並感)

うーん、電池交換がなければ

Amazonのやつは、無くなりそうになった段階で、自動的にストックを送りつけてくるぞ。

…何かパナソニックは勘違いしてるんだよなぁ、IoTの活用を(白目

width=”185″ height=”104″ border=”0″>

続きを見る