まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【対決】BTS vs コロンビア ラジオ局

【対決】BTS vs コロンビア ラジオ局

1 アムールヤマネコ(しうまい) [CN] :2021/07/21(水) 07:28:49.61

「BTS、スポンサーある」コロンビアDJ、謝罪放送では「旭日旗Tシャツ」(中央日報日本語版)
https://news.yahoo.co.jp/articles/a4d1f317b56dd06fa8bcf8eb5cbef66eb853ef5d

南米コロンビアのあるラジオ番組司会者がBTS(防弾少年団)に対して人種差別的な発言を行った事実が一歩遅れて知らされて論議を呼んでいる。
この司会者は謝罪放送で日本の軍国主義を象徴する「旭日旗」が描かれたTシャツを着て出演して再び波紋を呼んだ。

19日、ラ・レプッブリカなど外信によると、10日前にコロンビアのラジオ放送局「ラ・メガ(La Mega)」の司会者が放送でBTSの新曲
『Permission to Dance』を紹介して「このチノ(中国人)は早すぎる」などの人種差別的な発言を行った。

司会者は「(BTSが)グラミーなど重要な授賞式にお金で入り、スポンサーがある」「この曲を韓国大使館がリクエストした。BTSだからといってみんなが好きなわけではない」とも主張した。

特に、この番組の司会者であり監督であるアレハンドロ・ヴィラロボスさんは放送後論議が続くと、自身のツイッターを通じて「私はBTSが好きでない。
マーケティング商品であるだけ」とし「BTSが好きになるような年も過ぎた」と明らかにし、また怒りを買った。

BTSのファンクラブ「ARMY」を中心に放送局側に抗議が続くと、ラ・メガの司会者は謝罪放送をするに至る。だが、彼らの謝罪は真正性のある姿ではなかった。
司会者の1人は旭日旗が描かれたTシャツを着て日本のアニメーション『ドラゴンボール』のキャラクターを連想させるカツラをかぶって登場した。
ある司会者は「私たちが必ず謝罪しなければならないわけではないが、表現の方式が受け入れ難く強かったとすれば、その部分は謝るべきだと考える。
公式に謝罪する」として「K-POPの公式言語である韓国語で謝罪する」と話した。

続きを読む

続きを見る