【小泉さん】「世の中の景色を変えたい」小泉環境大臣、2030年度までに100以上の自治体で脱炭素に意欲

【小泉さん】「世の中の景色を変えたい」小泉環境大臣、2030年度までに100以上の自治体で脱炭素に意欲

 政府は20日に行われた国・地方脱炭素実現会議で2030年度までに全国100以上の自治体で先行して、脱炭素の達成を目指すロードマップ案をまとめた。

政府による人材や資金の支援を行うほか、都市部や離島など地域の特徴に合わせた対策によって脱炭素を達成し全国に展開する考えだ。

2030年までに日本中の公共施設やビル、住宅の屋根に置けるだけパネルを置いていきたい。そのことによって世の中の景色を変えたいと思っている」

そのように話した小泉環境大臣は、太陽光パネルの設置が脱炭素への切り札だとして東京のビルにはまだまだ置けるところがあると意欲を示した。具体的な支援策については6月までに示す方針だ。(ANNニュース

「世の中の景色を変えたい」小泉環境大臣、2030年度までに100以上の自治体で脱炭素に意欲

(出典 news.nicovideo.jp)

炭素社会(ていたんそしゃかい、英: low-carbon society)とは、二酸化炭素の排出が少ない社会のこと。低炭素経済(ていたんそけいざい、英: low-carbon economy)は経済システムを重視した概念であるが、基本的には同じである。本項では脱炭素社会(だつたんそしゃかい、英:
18キロバイト (2,904 語) – 2021年3月9日 (火) 12:39
この人のやることなすこと大体批判食らっているなw

「脱炭素」を掲げるのはいいけど、それに伴う、リスクやその対応策をちゃんと示していないからなんだろうな。

<このニュースへのネットの反応>

へえ、台風シーズンのあと、損害額がどれくらいになるか楽しみですね。

この人の打ち上げる改革(改悪)っていつも利権絡んでますよね

五輪対策でアスファルト塗りなおしたでしょ? 景観と環境、共に良い方向に景色が変わるのならともかく、屋根が黒く変わるだけの設置したら公害になりますよ?

設置、維持管理、修理の環境負荷と比べて採算とれるんならやったらいいと思うけど、そういう計算してるのかな?

蓄電設備とか災害対策色々あるけど、そこは考えていない感じがする。

設置、修理、撤去や維持管理費用は全て家屋の持ち主負担なので国としてはプラスで黒字にしかならんよね設置した家主は好立地でもない限り基本赤字で買取も保証されず下手したら家屋の保険加入すら厳しくなるというデメリットしかないわ

まず自分の物の見方を変えたら?

太陽光パネル製造に必要なポリシリコンはウイグルで世界供給量の半分を生産していると判明。つまり利権はそこに吸い上げられる

災害の多いこの国でそれがどれだけ無謀な事か良く考えて下さい

世の中の景色より、まず現・環境大臣を変えたいよ。

要らん事に金使うならコロナの保障とかに予算回しませんか

続きを見る