まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【教育者のクズ】小6女児イジメ自殺の校長「端末をハッキングされイジメや悪口の証拠全部消されちゃいましたw」【呆れた言い訳】

【教育者のクズ】小6女児イジメ自殺の校長「端末をハッキングされイジメや悪口の証拠全部消されちゃいましたw」【呆れた言い訳】

1: 風吹けば名無し 2021/10/01(金) 20:24:52.54 ID:NKw8a5NL0
香織さんの学校では児童一人に一台のタブレット端末が配られており、先進的なICT教育で知られていた。このICT教育をけん引していたのが、当時の校長だった。だが皮肉にもこの端末のチャット上で、香織さんへの「きもい」「死ね」などの悪口が複数の児童によって書き込まれていたのだ。

彼女の死後、学校側は加害児童などへの聞き取り調査を行っていたが、なぜか加害児童二人がチャットへ書き込んだ悪口が消えていたことが判明した。これについて、昨年12月25日に両親が校長と電話した際の音声データでは、両親は「香織のチャットは全て閲覧できたのに、なんで(加害者)二人のチャットは消えちゃってるんですか?」と疑問を呈している。

校長 「なんかですね、あのその友達の中に、入り込むみたいな動きがちょっとあったんですよ」

両親 「入り込む?」

校長 「つまりですね、ハッキングっていうんですか。つまり何かお助け隊じゃないんですけども、誰かの中に入り込むような、誰かが見たとか見ないとか、何か急にそんな話になったので。(チャットを)止めました。全部使えないようにしたんですよ」

つまりいじめの証拠が消えてしまった理由は、ハッキングだというのだ。


続きを読む

続きを見る