まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【朗報】任天堂資料館(仮称)を 2023年度の開設を予定

【朗報】任天堂資料館(仮称)を 2023年度の開設を予定

任天堂資料館、京都の宇治小倉に開設を発表。過去の任天堂商品の展示と体験ができる施設として2023年度の開設を予定
任天堂資料館、京都の宇治小倉に開設を発表。過去の任天堂商品の展示と体験ができる施設として2023年度の開設を予定
 任天堂は、任天堂が過去に発売した商品を展示する資料館“任天堂資料館(仮称)”を、2023年度(2024年3月期)に京都の宇治小倉に開設することを発表した。

 “任天堂資料館(仮称)”は、任天堂がこれまでに発売した商品を展示し、実際に来場者が体験を行える観光施設となるもの。施設は、過去にトランプ、花札の製造や、ゲーム機の修理業務を行ってきた任天堂の宇治小倉工場の用地、および、建屋利用が使われる。

 任天堂として、これまでに発売された商品を展示する資料館の設置を検討していたが、近鉄小倉駅周辺の活性化を図る京都の宇治市からも要望があったようだ。

 古くは花札、トランプ、テレビゲーム機としても、ファミコン以前のカラーテレビゲーム15、ゲーム&ウオッチなど、さまざまな商品を展開してきた任天堂だけに、展示だけでも見応えのあるものになりそうだ。

 以下、任天堂の発表文を引用する。

■任天堂宇治小倉工場用地の利用について
 任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:古川俊太郎)は、任天堂宇治小倉工場用地(京都府宇治市小倉町)および建屋を、過去に当社が発売した商品を展示する資料館施設として利用することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

 当社は以前より、当社のものづくりに対する考えを広くご理解いただくために、過去に発売した商品を展示する資料館施設の設置を検討しておりましたが、このたび、近鉄小倉駅周辺の活性化を図る宇治市のご意向を受けて、宇治小倉工場を資料館施設としてリノベーションすることにいたしました。

【日時】2021年06月02日 10:38
【ソース】ファミ通.com
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る