まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【東京2020オリンピック】侍ジャパン・金子誠ヘッド兼打撃コーチ「4番鈴木誠也の打ち待ちっていうのは通用しないと思う」

【東京2020オリンピック】侍ジャパン・金子誠ヘッド兼打撃コーチ「4番鈴木誠也の打ち待ちっていうのは通用しないと思う」

1: 風吹けば名無し 2021/08/01(日) 12:15:40.67 ID:06vA2XQF0
<侍ジャパン>どうする“4番・鈴木誠也ノーヒット問題”…「打ち待ちっていうのは通用しないと思う」(金子コーチ)

ノックアウトステージ初戦、準々決勝の相手は米国に決まった。メジャーリーガーの参加はなくとも、イスラエルと韓国を力でねじ伏せてB組1位でオープニングラウンドを突破してきた。
個々の選手の能力は下馬評以上に高く、チームとしてもしっかり機能できているだけに、金メダルへの最大の難敵になるのは確かだ。

「(もはや鈴木の)打ち待ちっていうのは通用しないと思うんですよね」

 ノックアウトステージに向けて、こう語ったのは金子コーチだ。

 大会前のインタビューで稲葉監督はフレックスな選手起用についてこんな話をしていた。

「あんまり色々なことを決め過ぎると、どんどん自分の首を絞めてしまう。チームとしても厳しくなってしまいます。
だから4番も決めない。エースも決めない、抑えも決めない。1試合の中の順応性とか、そういうことでやっていく」

 鈴木の4番を継続することを含めて、様々な選択肢があり、正解はないのかもしれない。
ただ、それでも決断をしなければならないときが迫っている。そしてその決断が金メダルへの道を決める大きな分かれ目となるのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/71c018b4ca56a9bcdf797d2d4f59254b87fc6a9c?page=3

引用元: ・侍ジャパン・金子誠ヘッド兼打撃コーチ「4番鈴木誠也の打ち待ちっていうのは通用しないと思う」


続きを読む

続きを見る