まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【池袋暴走事故】禁錮7年は「軽い」のか?今の法律制度

【池袋暴走事故】禁錮7年は「軽い」のか?今の法律制度


【池袋暴走事故】禁錮7年は「軽い」のか?今の法律制度




東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、松永真菜さんと長女・莉子ちゃんが死亡した事故をめぐり、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)の罪で起訴された男性(90)に対して、検察側は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた過失は基本的な操作の誤りだ」として、禁錮7年を求刑した。

しかし、ネット上では、この求刑について「軽い」という声があがっている。どう考えるべきか、刑事事件にくわしい神尾尊礼弁護士に聞いた。

●感情論と法律論を分けて考える

――求刑について「軽い」という声があがっている。

まず、感情論と法律論を分けて考える必要があります。

痛ましい事故・事件が起きた際、厳罰を求める気持ちがあるのはわかります。私も、人として思うところがあります。

ただ、刑事裁判は、その審理対象は基本的に検察官が定めたものになります。また、刑罰は改正したとしても、さかのぼって適用できないのが原則です。

したがって、検察官が審理対象としたものについて、事件当時の法律に従って判断したとき、検察官の求刑をどう評価するかを中心に法律家として述べたいと思います。

なお、より重い刑罰が科される可能性のある危険運転致死傷罪を適用すべきとの意見もありますが、一義的には検察官が決めることであり、そもそも審理対象という土俵にあがっていない以上、検察官の求めた過失運転致死傷罪に絞って検討したいと思います。

●法定刑としては二番目に重い「禁錮7年」

――過失運転致死傷罪の刑罰はどのように定められているのか?

自動車運転処罰法5条には、過失運転致死傷の罪が定められています。

<自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる>

懲役とは、刑務所に入れたうえで、刑務作業をおこなわせることです(刑法12条2項)。

禁錮とは、作業をおこなわせず、ただ刑務所に入れることです(刑法13条2項)。

作業の強制がない分、懲役のほうが禁錮より重い刑罰とされています(刑法10条1項、9条)。なお、禁錮の場合でも、刑務作業を望むことができますが、複雑になるので、今回は割愛します。

以上をまとめると、過失運転致死傷罪の法定刑で一番重いのは、「懲役7年」で、その次に「禁錮7年」ということになります。

なお、懲役と禁錮は、主に動機によって使い分けがされていると言われています。

政治犯と過失犯が禁錮、それ以外が懲役というのが、ざっくりとした分け方です。今回の事件も、過失犯ですので、禁錮を求刑したのだろうと思います。

●法定刑や統計からみると「重い」といえる

――求刑は「重い」ということか?

刑法には、併合罪や累犯といった、法定刑を超えることが許されるケースが定められています(刑法47条、57条)。

今回事件について、詳しい事情を知りませんが、こうした加重事由がないのであれば、「7年」というのは法律で定められた最長ということになります。

刑の種類からみると懲役7年よりは軽いとみられますが、前記のとおり、過失犯には禁錮を求刑するのが通例であるとすると、今回の「禁錮7年」は、ほぼ最大限に重い求刑であるといえます。

令和2年版犯罪白書(http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/67/nfm/images/full/h4-1-3-4.jpg)によると、過失運転致死罪1252件のうち、5年以上7年以下が2件、3年以上5年以下が4件です。

一番多いのが、1年以上2年以下で執行猶予が付く708件、次に2年以上3年以下で執行猶予が付く314件となります。全体では実刑が約60件、執行猶予が約1200件となります。

このように、5年以上でみても2件しかないことから、求刑としては、かなり重いものであったと予想できます。もちろん、証拠から重くする事情があったのかもしれません。

証拠を見てはいませんが、少なくとも、上記の法定刑や統計を手掛かりに求刑だけみると「重い」と評価することができます。

●検察庁は実刑を獲得しにきている

――執行猶予が付くのか?

そもそも有罪かどうか決まっていないのに、有罪を前提にしたうえで、執行猶予が付くかどうかなど、現時点では判断しようがありません。

統計的には、仮に有罪になっても執行猶予が付く場合があるとは思いますが、証拠もみていないので、軽々しく答えることはできません。少なくともいえるのは、「検察庁は実刑を獲得しにきている」ということです。

冒頭に触れた通り、痛ましい事件であることには変わりありません。

厳罰に処すことで、1つの事件のゴールとはなるでしょうが、どれだけ重く処罰しても次の事故を防ぐことはできません。ハンドルを握る以上いつ誰が過失犯となるかわからないからです。

また、自動車事故における過失犯(そして危険運転致死傷罪)が、法体系全体からみて、かなり歪みのある制度であるという指摘もあります。高齢者の自動車免許のあり方など、刑罰以外のアプローチも検討できるのではないかと考えます。

【取材協力弁護士】
神尾 尊礼(かみお・たかひろ)弁護士
東京大学法学部・法科大学院卒。2007年弁護士登録。埼玉弁護士会。刑事事件から家事事件、一般民事事件や企業法務まで幅広く担当し、「何かあったら何でもとりあえず相談できる」弁護士を目指している。
事務所名:弁護士法人ルミナス法律事務所
事務所URL:https://ift.tt/2KWZbFx

池袋暴走事故、禁錮7年の求刑は「軽い」のか?

(出典 news.nicovideo.jp)

~せかちん☆コメント~

確かに裁判を感情論で考えてはダメなんだろうけど、遺族は絶対納得しない。
医者から止められていたって言うのもあるし救護義務も怠っているし亡くなった方以外にけが人も出ているわけだしトヨタのせいにしているし全ての罪を最大限重ねて判決するくらいしてもいいのでは?

bourei

bourei

医者から運転するなって言われておきながら、2人死亡、9人負傷させた上、救助活動する前に隠蔽工作らしきものまでやってて7年は軽いでしょ。

ゆちゃ

ゆちゃ

死ぬまで禁固刑にしておけば良いんじゃね?年数は寿命の問題があるので短く感じるかもしれないけどね。力尽きる時誰にも看取られることなく、死んでから家族に回収させれば、最期の最期で後悔させれそうな気がするけどね

明幸

明幸

医者から運転を止められていた→危険運転、しかも2名の死者あり→危険運転致死。被害者のリアルタイムな救護の放棄→救護義務違反。現場を去る→轢き逃げ。ブレーキ踏んだ(踏んでない)→偽証罪。ちなみに初犯ではない。これだけやって「7年、牢屋に入るだけ」ってのは破格の軽罪扱いだと思わずにはいられない。地獄で魂洗って出直して、どうぞ。

almina

almina

暴走してるのを止めようとするならいくらパニクってても片方のペダルだけ踏み続けるのはあからさまにおかしいし、そういう意味でも危険運転致死傷罪を適用すべきだった。たとえそれが無理だとしても救助義務を怠って自己保身に走ってるんだから極めて悪質で加重事由として充分でしょ。 だからこそ検察が上級国民に忖度してるようにしか見えない。

風野明夜

風野明夜

刑の軽重以前に人間性がな、社会的に受け入れがたいものがある。この爺さん、自分にとって都合の良い言葉しか聞こえないようだし。

大盛りカツ丼・釜玉うどんも好き

大盛りカツ丼・釜玉うどんも好き

判決の時に懲役刑で刑務所送っても働けない”役立たず”だから禁固刑だってはっきり言ってやってほしいな。プライド高そうだからそっちの方が効くと思うが。

トーキ

トーキ

事件発生からさんざん引っ張っておいて結局牢屋に7年はいるだけってのは軽く感じるし、被害者遺族も納得し辛いんじゃなかろうか?まぁ無罪放免になるよりマシと思うしかないか;

langley

langley

どこに過失があるかで罪の重軽は変わってくる。日本でも加算刑にして、他の罪も上乗せしていくことが求められてくるのではないだろうか? 車が悪いってメーカー側は名誉棄損に営業妨害など訴えてもいいし、多重事故なのだから他の被害者も刑事民事を問わず訴訟すべきだ。全て足せば17年の求刑くらいにはなるだろう

志士丸@

志士丸@

7年間このジジイが檻に入ってる間に飯塚一族がどうなっているやら?檻から出たとき、ことの重大さに気づくといいな。・・・何もしないよ。一人一人はね。何もなければいいね・・・。

こ〜ぢ

こ〜ぢ

親族から残り僅かな余生に『無関係』を貫き通される方が堪えるよ。

sakae

sakae

逆に弁護士連中は尊い二人の命を奪っておいてたかだか7年で出られる今の司法がおかしいとは思わないのか?

qwist

qwist

所業を考えるとあまりに軽いとしか。個人的には殺人罪でもいいと思います。あと、連座制を導入してはいかがでしょうか。そうすれば、連座で罪に問われたくないご家族同士で互いに抑止力になると思います

Ray

Ray

自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)と言う罪状が禁錮7年の求刑は「軽い」「重い」じゃない。一家の母親と子供をひき殺した罪で考えろ。他にも重軽傷者が出ている。7年で軽すぎるは当たり前。多分極刑にしても遺族は納得出来ないだろう。

わだお

わだお

ほーん、人二人殺して、多数の怪我人を出したことに対する罰が禁固7年で十分だと?

nicouser

nicouser

俺が一番望むのは、松永さんの好きなようにさせること。 彼が望んでいるのは幸三が自らの意思で罪を認めること。 死刑や財産没収なんかよりはるかに難しい。

Ry

Ry

法律上そう決まってるから、としか。韓国じゃないんだから、勝手に量刑は変わらんよ。民事は別だしね。

胡桃KSK

胡桃KSK

既に言ってる人居るけど、ドクターストップがかかっていたのにも関わらず運転した時点で過失運転致死ではなく危険運転致死だし、おまけに救護義務にも違反しているのに7年は軽い。これが医者に止められているのでもない健康体で事故っちゃって、救護義務も果たしているのであればもっと軽くても良いのだが

あどれす

あどれす

重い軽いで言えば重くは無い様に感じるが法で定められてる最大の期間を求刑したんだからこれ以上は法を変えるしかないからねぇ。犯した罪の一番大きい物を基準に余罪を合わせて最大1.5倍程度の期間増加とかあったと思うけど今回は該当しないんやろなぁ

taku417

taku417

納得できない気持ちもわかるが、感情論で刑罰の決まる国になられても困るしな。起訴でも署名集めても危険運転致死傷罪の適用が見送られた時点でこれが限界なんだよ。今んなって軽すぎだ何だ騒ぐ方がおかしい。

ヤマダ

ヤマダ

まあ感情論でいったら市中引き回しのうえ斬首、または磔・獄門だろうからな。問題はこれ、最高裁まで争ったら飯塚が天寿をまっとうしちゃうことだな。

続きを見る