【理由】インドで感染爆発、その訳とは?「コロナに打ち勝った」

【理由】インドで感染爆発、その訳とは?「コロナに打ち勝った」

「コロナに打ち勝った」首相らの宣言で感染爆発、大規模選挙集会や巨大宗教イベント続き大惨事に | ニコニコニュース

インドの恐ろしいほどの感染爆発の背後には、モディ首相らの「コロナに打ち勝った」宣言による社会全体の気のゆるみがあったことが指摘されています。

実際にどこの国でも十分起こり得る問題で、日本も「他山の石」としなければならない話です。詳細は以下から。

新型コロナの「インド変異株」が感染爆発し、合計感染者数が一気にブラジルを抜き去って世界第2位となったインド。病床どころか酸素すら不足する極めて深刻な状況となっています。

感染力が強く、抗体が効きにくいとされるこの変異株が拡大した原因がモディ首相と所属するインド人民党の「新型コロナに打ち勝った」キャンペーンにあることをアルジャジーラが報じています。

インドではこのキャンペーンでマスク着用やソーシャルディスタンスなどの感染予防意識がゆるんだことが報告されています。

こうして気のゆるんだ時期に行われたのがインド5州での主要選挙。投票は3月27日から1ヶ月以上続き、その間の選挙運動では政党の大規模集会が各地で開催されました。

新型コロナに打ち勝った」宣言はある意味コロナの成果を誇る選挙キャンペーンとも言えそうですが、完全に逆効果となってしまいました。

祭典組織委側は「祭りに人々が殺到したのは、ガンジス河で沐浴すれば神がコロナから守ってくれると信じていたためだ」としていますが、信心深さが仇となった形と言えそうです。

いずれにせよ、これらの気のゆるみの発端に「新型コロナに打ち勝った」キャンペーンがあったことは間違いなさそうです。

そしてこれはインドの話ですが、「コロナ疲れ」「自粛疲れ」が指摘される日本にとっても決して他人事ではありません。

緊急事態宣言が解除され、大規模イベントが開催されるようになれば、今のインドと同じような惨状が今後起こる可能性が高いことになります。

【「コロナに打ち勝った」首相らの宣言で感染爆発、大規模選挙集会や巨大宗教イベント続き大惨事に】を全て見る

「コロナに打ち勝った」首相らの宣言で感染爆発、大規模選挙集会や巨大宗教イベント続き大惨事に

(出典 news.nicovideo.jp)

インドでは昨年9月をピークに感染者数が減り、年が明ける頃には約10%の都市で感染者数0になるなど一時はコロナ終息に向かっていたのに、、、

集団免疫がついたと報じる一方、そもそも検査の数が少なすぎるから発覚してないだけだ等見解が上がってましたが、いずれにせよ完全に終わっていないのに無防備で色々やり過ぎですね。

自分たちの政権がコロナに打ち勝った!と印象付けたかったんでしょうけど完全に逆効果になってますね。

日本も今年1月に菅首相が「東京オリンピックを人類がコロナに打ち勝った証を世界に発信する機会としたい」と言っていましたが、二の舞にならないか心配です。
続きを読む

width=”185″ height=”104″ border=”0″>

続きを見る