【破格】任天堂、コロプラへの請求金額を49億5000万円から96億9900万円に大幅増額

【破格】任天堂、コロプラへの請求金額を49億5000万円から96億9900万円に大幅増額

 コロプラ4月21日、同社のスマートフォンゲーム白猫プロジェクト」を巡り、任天堂よりゲームの差止めと49億5000万円の損害賠償を求められていた訴訟で、請求金額が96億9900万円に引き上げられたと発表した。

【画像】白猫プロジェクト

変更理由は「訴訟の提起後の時間経過」。21年4月13日付で任天堂から提出があったという。96億9900万円のほかに遅延損害金を求めている。

提訴は17年12月22日に行われ、翌年1月のコロプラの発表によると16年9月に任天堂から特許権侵害について指摘があり、その後話し合いを続けてきたが折り合わなかった。当初の請求金額は44億円だったが、21年2月に49億5000万円に引き上げられ、さらに今回の大幅増額となった。

コロプラの発表

(出典 news.nicovideo.jp)

任天堂株式会社(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 明治時代の1889年に創業した老舗企業で、娯楽に関する様々な事業を展開している。創業以来、多くの種類の玩具
123キロバイト (13,529 語) – 2021年4月21日 (水) 12:00

とんでもない額だなww
確かに資本金超えは笑うしか無いですね。
続きを読む

続きを見る