まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【米】2億2000万円の宝くじに当選した女性、夫に娘ともども殺害され

【米】2億2000万円の宝くじに当選した女性、夫に娘ともども殺害され

海外では宝くじの高額当選者が不幸に見舞われることを“宝くじの呪い”と表現するようだが、このほど宝くじで高額当選した女性がその数か月後に夫に殺害されるという痛ましいニュースアメリカから届いた。夫婦の弁護士によると、宝くじの当選が殺人事件につながったと話しているという。『New York Post』『The Sun』などが伝えている。

オクラホマブライアンカレラにある住居で現地時間7月30日、この家に住むティファニー・ヒルさん(Tiffani Hill、31)と1歳になる娘のリアンちゃん(Leanne)が頭に銃弾を受けて倒れているところを通報を受けて駆けつけた警察官が発見した。

ティファニーさんは既に息絶えており、リアンちゃんはかろうじて息があったものの搬送先の病院で亡くなった。現場には、2人を殺害したとされるティファニーさんの夫ジョン・ドナート(John Donato、42)の遺体も見つかったという。警察ではジョンが2人を殺害した後、銃を自分に向けて発砲し自殺したものと見ている。

ティファニーさんの弁護士であるテレサマギー氏(Theresa McGehee)は「ティファニーさんが当選した宝くじが夫婦間に緊張を引き起こした」と語っているが、昨年11月ティファニーさんは当時住んでいたカリフォルニア州バレー・スプリングスでインスタントスクラッチ宝くじを購入し、200万ドル(約2億2100万円)を当てていた。

4人の子を育てているティファニーさんにとって、この高額当選は幸せへの切符となるはずだった。ところがその数か月後にティファニーさんはジョンと結婚し、子供たちを連れてオクラホマ州へと引っ越しているが夫婦は宝くじが原因で言い争いが絶えなかったという。ティファニーさんの親族によると、ティファニーさんはジョンから虐待されていたそうで夫婦関係の解消を望んでいたようだ。

そしてティファニーさんが宝くじに当選した9か月後に悲劇は起きてしまった。ジョンとの離婚を考えていたティファニーさんがその準備をしていた矢先のことだったという。なお亡くなったリアンちゃん以外の3人の子供たちは事件当時現場にいたようだが、怪我などはなく無事だったことが伝えられている。

3人の子供たちは州の児童養護施設で世話されることとなっており、ティファニーさんとジョンが残した財産については3人の子供たちのために信託されるとのことだ。

画像は『New York Post 2021年8月10日付「Mom, daughter killed by husband in murder-suicide months after winning $2M lottery」(GoFundMe)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト

(出典 news.nicovideo.jp)

宝くじが当たらなかったら幸せな人生が歩めたのかも

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る