【胸糞注意】「先生を流産させる会事件」とかいう愛知で起きたおぞましい事件

【胸糞注意】「先生を流産させる会事件」とかいう愛知で起きたおぞましい事件

教諭 異物 担任教諭 ねじ おぞましい事件に関連した画像-01
愛知県半田市の市立中学で1月に1年の男子生徒11人が「先生を流産させる会」を結成し、妊娠していた30代の担任教諭の給食に異物を混ぜたり、いすのねじを緩めたりする悪質ないたずらをしていたことが28日、分かった。
市教育委員会によると、教諭は4月から産休に入る予定で体調に異常はないという。

生徒らは席替えの決め方などに不満を持ち、教諭を困らせるために会を結成。
いたずらを認めており、教諭に対し謝罪したという。

市教委や半田市の市立中学によると、中学1年の男子生徒11人が「先生を流産させる会」を結成したのは今年1月。
担任の女性教諭が、席替えの際に不登校の生徒らに配慮して席順を決めたことや、クラブ活動での出来事を注意したことが発端になったという。

教諭に不満を持った一部の生徒が「先生を困らせてやろう」と、ほかの生徒に声をかけて会を結成した。

生徒らは1月下旬、教室で教諭が座るいすの背もたれのねじを緩めたという。
幸いねじは外れることはなく、教諭も緩んでいることに気付かなかった。

また、チョークの粉や歯磨き粉、のりをまぜたものを教諭の車にかけたりもしたという。

さらに2月4日には教諭の給食のミートソースに、食品添加物のミョウバンや食塩をこっそり入れた。
教諭は不登校の生徒の指導で一時保健室に行っており、そのスキに混入。
当日は理科の実験があり、生徒らはその時に使ったミョウバンや食塩を持ち出していたという。

この時の様子を目撃した生徒が、別の教諭に報告。2月下旬に事態が発覚した。
学校は生徒と保護者を呼んで注意し、生徒らは謝罪したという。
直接いたずらにかかわっていた生徒は11人のうち約半数で、中には「会の趣旨や目的をわからずに入った」(市教委)生徒もいたようだ。

教諭は4月から産休に入る予定で、いたずら行為があった1、2月は妊娠5~6か月の状態。

事態を知り病院に行き検査を受けたが、体調に異常はなかった。
教諭は「事態が発覚するまで、いたずらのことは知らなかった。私のやり方が少し足りなかったのかもしれない」などと話しており、相当なショックを受けているという。

市立中学では「最初は担任を困らせようと、ゲームのような感覚で会を作ったのだろう。
今後は命の教育を徹底し、二度とこのようなことがないようにしたい」とした。

また、市教委でも「席替えで、発達障害のある生徒や不登校気味の生徒に配慮した結果、一部の生徒から反発を招いたようだ。
これまでいたずらをした生徒に問題行動があったとの報告は受けていないが、極めて悪質ないたずらで、あらためて学校への指導を徹底したい」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090329-00000019-sph-soci
※上記リンクより、一部抜粋。続きはソースで

続きを見る