まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【芸能】誰も止めないセクゾ菊池風磨の暴走トーク 事務所公認「脱ぎジャニ」

【芸能】誰も止めないセクゾ菊池風磨の暴走トーク 事務所公認「脱ぎジャニ」

菊池 風磨(きくち ふうま、1995年〈平成7年〉3月7日 – )は、日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー。YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」のメンバーでもある。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 父は嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』の作詞
33キロバイト (3,677 語) – 2021年9月11日 (土) 23:22
まあいいんじゃない。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/14(火) 12:36:54.87

9/14(火) 11:30配信
東スポWeb

タレント豊富なジャニーズ事務所

 ジャニーズの人気グループ「Sexy Zone」菊池風磨(26)が存在感を際立たせている。11日にオンエアされた「SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル」(土曜夜11時30分〜、ニッポン放送)にゲスト出演。その中でジャニーズらしからぬ発言を連発したのだ――。

 この日の同番組は、SixTONESの田中樹と森本慎太郎がパーソナリティーを務めた。菊池と田中は同期としてジャニーズ事務所に入所した仲。3人でジャニーズJr.時代のトークを展開した。

 その中で、森本が小学生のころにステージ後、一緒にシャワーを浴びていた時の話になり、菊池は森本の股間の形態を「覚えている」と切り出したのだ。さらに「小さい子特有の皮あまりの…」と畳みかけて3人で爆笑。リスナーからはすぐに「(私も)皮あまりです」と報告がくるなど、大反響だった。

 最近の菊池といえば、二宮和也が立ち上げたユーチューブの公式チャンネル「ジャにのちゃんねる」で活躍。また、バラエティー番組の「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)では全裸ドッキリにも動じず、〝*るジャニーズ〟として唯一無二の存在を確立した。慶応義塾大学総合政策学部を卒業した“知性派”の一面も持つが、まったくおかまいなしだ。芸能関係者はこう指摘する。

「バラエティー番組全盛の時代に菊池のようなジャニーズがいるのもアリでは。後に続くタレントがいるかどうかはわかりませんが、ジャニーズの固定観念を確実に破壊できる存在と言えます。しかもラジオで無邪気に下品なトークができるジャニーズはそういませんし、貴重ですよ」

 菊池が暴走トークを繰り広げてもメンバーはおろか、マネジャーも止める様子はなし。つまりジャニーズも諦めた…いや、事務所〝公認〟ということなのだろう。

 もちろん、菊池はそれだけではない。

 ある芸能プロ関係者は「一昨年に舞台の『ハムレット』で菊池が主演したのですが、これがかなり評判が高いものだった。演技力は目を見張るものがあり、あれで菊池を見る目が変わった人も多い。役者としても楽しみな存在ですよ」と言う。

 現在、上演中のジャニーズの伝統的舞台「DREAM BOYS」(帝国劇場)の5代目座長(主演)に抜てきされたのもうなずける。引き出しが多い菊池は、今後活躍の幅を広げていきそうだ。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/84851ef191210729ecc6c521eae91afc89dc2030

続きを読む

続きを見る