まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【訃報】ガールズ・アラウドの元メンバー サラ・ハーディング、乳がんとの闘病の末39歳で死去

【訃報】ガールズ・アラウドの元メンバー サラ・ハーディング、乳がんとの闘病の末39歳で死去

サラ・ニコル・ハーディング(Sarah Nicole Harding、1981年11月17日 – 2021年9月5日)はイギリスのガールグループ、ガールズ・アラウドの元メンバー。 ハーディングはバークシャーのアスコット(英語版)出身。下着メーカーUltimoの下着モデルとして契約した事で話題となった
4キロバイト (212 語) – 2021年9月6日 (月) 06:54
発見が遅かったんかな?ご冥福をおいのり

1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/06(月) 05:51:19.96

2021.09.06
https://www.tvgroove.com/?p=76764

(出典 www.tvgroove.com)

イギリスの女性ポップグループ ガールズ・アラウドの元メンバーである歌手のサラ・ハーディングが、乳がんによりこの世を去った。39歳であった。

ガールズ・アラウドは、2002年に放送された「ポップスターズ」の優勝者たちによって結成されたガールズ・グループだ。メンバーはシェリル・コール、ネイディーン・コイル、サラ・ハーディング、ニコラ・バーツ、キンバリー・ウォルシュの5人で、2000年代にヒットを飛ばしたが、その後活動休止し、2012年に再結成。しかし翌年3月に解散を発表した。

サラ・ハーディングは、その後ソロ歌手、テレビ、映画へ出演を果たし活躍。そして今年自叙伝「Hear Me Out」を出版。その中で2020年8月に、乳がんであると診断されたと告白。そして今年3月、サラは病状が末期で「次のクリスマスは迎えられないだろう」と明かしていた。

そしてサラは、40歳になる2ヶ月前の、現地時間9月5日の朝に亡くなった。

サラの母マリーさんはインスタグラムで「私の美しい娘サラがこの世を去ってしまったことをお伝えするのは、胸が張り裂ける思いです。皆さんの多くがサラがガンと闘病していたこと、そして彼女が最後の一日まで病気と強く闘い続けたことをご存知でしょう。彼女は今朝、平和に天へと召されました」と、娘の訃報を伝えた。

またサラの母マリーさんは、サラが恐ろしい病気で闘ったという記憶よりも、彼女が明るく輝く星のような存在であったと人々の記憶に刻まれることを願っている。

続きを読む

続きを見る