まとめサイト様の相互RSSはこちらから

【論文】ワクチンを避ける人間は「高卒」と「大学中退」が多いと判明 【反ワクチン派はそれでも??】

【論文】ワクチンを避ける人間は「高卒」と「大学中退」が多いと判明 【反ワクチン派はそれでも??】

1: 速報 ★ 2021/11/08(月) 18:06:07.53 ID:1Mk2Aljt9
Time trends, factors associated with, and reasons for COVID-19 vaccine hesitancy in a massive online survey of US adults: January-May 2021
米国成人を対象とした大規模オンライン調査におけるCOVID-19ワクチン躊躇の時間的傾向、関連因子、および理由。2021年1月〜5月
Version 3
Posted October 25, 2021.
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.07.20.21260795v3

Per Figure 2, from January to May the gap in percent hesitant between race/ethnicity groups among younger adults (panel A) and education levels among all respondents (panel B) decreased, with the biggest decreases among two of the three most hesitant race/ethnicity groups (e.g., Black and Pacific Islander but not Native American) and the two most hesitant education groups (≤high school and some college education) in January.

図2によると、1月から5月にかけて、若年層の人種・民族グループ(パネルA)と全回答者の学歴グループ(パネルB)の間の躊躇する割合の差は減少しており、1月に最も躊躇した3つの人種・民族グループのうちの2つ(例:黒人と太平洋諸島出身者(ネイティブアメリカンではない))と最も躊躇した2つの学歴グループ(高校以下の学歴とsome college学歴)で最も大きな減少が見られました。

Footnotes

Revisions from the first version: a new exclusion criteria, applicable to <1% of survey responses, was applied to the analysis sample. Specifically, participants who selected “prefer to self-describe” for gender were excluded because the majority of fill-in responses for self-described gender were discriminatory statements, and that as a group, those who selected self-described gender had a high frequency of uncommon responses (e.g., Hispanic ethnicity [41.4%], the oldest age group [23.2% ≥75 years] and highest education level [28.1% Doctorate]), suggesting the survey was not completed in good faith. A sensitivity analysis including these participants is provided in supplemental material. Revisions from the second version: Minor edits were made throughout to address reviewers’ questions and requests.
初版からの改訂点:調査回答の1%未満に適用される新たな除外基準を、分析サンプルに適用した。具体的には、性別について「自称したい」を選択した参加者を除外しました。これは、自称した性別の記入項目の大半が差別的な内容であったこと、また、グループとして、自称した性別を選択した人は、一般的でない回答の頻度が高く(例:ヒスパニック系民族[41.4%]、最高齢の年齢層[23.2%≧75歳]、最高学歴[28.1%博士号])、調査が誠実に行われていないことが示唆されたためです。これらの参加者を含めた感度分析は補足資料に掲載しています。第2版からの改訂点 査読者からの質問や要望に応えるため、全体的に軽微な編集を行った。

DeepL Translator
no title


続きを読む

続きを見る