【逮捕とは?】マンション内覧客を装い、強盗の疑い 無職の男女を再逮捕 東京・江戸川区

【逮捕とは?】マンション内覧客を装い、強盗の疑い 無職の男女を再逮捕 東京・江戸川区

 東京・江戸川区のマンションで内覧客を装い、案内役の不動産会社の女性を脅しキャッシュカードを奪ったとして、無職の男女が再逮捕された。

 八戸和子容疑者(56)と養子の若奈容疑者(48)は3月、江戸川区のマンションで、不動産会社の20代の女性に「殺すぞ」と刃物で脅してキャッシュカードなどを奪った疑いがもたれている。

 警視庁によると、2人は物件の内覧客を装い、案内されたマンションで犯行に及んでいた。取り調べに対し、和子容疑者は容疑を否認し、若奈容疑者は認めている。2人はこの事件の11日前に、江東区で起きた同様の手口の強盗事件で すでに逮捕されている。
ANNニュース

マンション内覧客を装い、強盗の疑い 無職の男女を再逮捕 東京・江戸川区

(出典 news.nicovideo.jp)

逮捕の諸原則として逮捕前置主義・事件単位の原則・逮捕勾留一回性の原則がある。 現行法上、逮捕には通常逮捕、緊急逮捕、現行犯逮捕の3種類がある。 通常逮捕とは、事前に裁判官から発付された令状(逮捕状)に基づいて、被疑者を逮捕することである(憲法33条、刑訴法199条1項)。これが逮捕の原則的な法的形態となる。
19キロバイト (2,689 語) – 2021年4月23日 (金) 15:25
本来被疑者の身体を強制的に拘束して留置施設に連れて行き留め置くことを目的に逮捕したはずの被告人が、保釈等の手続を踏み拘留を解かれる。

その間に再犯するとは、救いようの無い犯罪者ですね。動機が知りたい。

こういう犯罪者がいると逮捕の意味とは?保釈は何のためにあるのかと考えてしまいます。

この被害にあった女性は今後同じ仕事を普通にこなせるのでしょうか?

続きを読む

width=”185″ height=”104″ border=”0″>

続きを見る