【酒!】売れすぎて販売中止になったアサヒ「生ジョッキ缶」を旨く飲むコツを聞いてみた!

【酒!】売れすぎて販売中止になったアサヒ「生ジョッキ缶」を旨く飲むコツを聞いてみた!

◆売れすぎて販売中止になったビールとは?

 発売前から話題となっていたアサヒビールの『生ジョッキ缶』が4月6日に発売され、その爆発的人気から生産が追いつかず、販売を休止せざるを得ない状況になっている。「缶ビールをまるで生ビールのように飲める!」というのがウリの商品のため、もちろん人気の理由は”泡”にある。特殊な作りをしている缶により、かつての缶ビールには出せなかった、生ビールのような泡が出ることが最大の魅力だ。また、飲み口が広がったことで、思う存分ゴクゴクと飲めるため、ジョッキで飲むのと変わらぬ”のどごし”が楽しめるのである。

 家飲みが推奨される昨今、ビール界の話題をかっさらった「生ジョッキ缶」の魅力を掘り下げるため、アサヒビールの広報に取材を行った。

冷やしすぎると泡が出ない!

 まずは泡を巧く出すコツについて。SNSには「机がビショビショになった」という投稿もあれば、逆に「泡が全く出なかった」という投稿も見られた。巧く泡を出すには、ちょっとしたコツがいるようだ。

冷やしすぎると泡が出ず、冷やさず開けると吹きこぼれてしまうので、4〜8度で開けることを推奨しています」

 だが、もしも冷やしすぎても大丈夫

「基本的には冷蔵庫冷やして、開けたときに泡が出てこなかったら缶を手で温めてください。そして、ゆっくりと泡が出てくるのを楽しんでほしいです」

 筆者はキンッキンに冷えているビールが好きで、冷蔵庫冷やし缶ビールを飲む直前に10分ほど冷凍庫に入れるのが習慣になっている。発売日当日、注意書きを読まずにいつもの冷やし方をしたところ、全く泡が出なかった。しかし、手で缶を包み込むと、ゆっくりと泡が形成されていく。たしかに、この泡が出てくる様子をみているのも楽しいものだ。

 広報の担当者さんによると「基本はキチンと冷やしてから飲んでほしいですが、溢れそうになる泡を『おっとっと』というように飲むのも楽しいと思うので、冷やす時間も変えながら飲んでもらいたいです」とのこと。泡の出方の変化も楽しんでほしいと語った。

◆逆さまにして冷やすと泡がキレイになる

 また、公式ホームページには『開発者が教える おいしい裏ワザ』というページがある。筆者はこれまで、10本の生ジョッキ缶を飲み、この裏ワザも全て試してみた。そのなかで最も理想的な泡の出方をしたのが、「逆さまにして冷却する」というもの。冷蔵庫に入れる際、缶の口をつける方を下に向けて冷却するという方法。これによりキレイに泡を出すことができた。簡単にできるこの方法は是非試してみてほしい。

◆6月中旬に限定販売で再開

 そして気になる入荷情報について。現在はもう売り切れの店が多く、入手が困難になっている。爆発的人気により生産が追いつかず、出荷は止まっているが、スーパーコンビニでまだ売られている可能性がある。この入荷情報について、広報さんは「確実に言えることとしては、6月中旬には数量限定で販売していきます」とのことだった。

 居酒屋の営業時間短縮や営業自粛などで、外で生ビールが飲むことが難しくなっている昨今、このビールは「生ビール好きの救世主」とも言えるだろう。「キメ細かい泡があるビールが飲めるのはお店だけ」という常識を覆した、革命的な商品である生ジョッキ缶を是非体験してみてほしい。

〈取材・文/セールス森田〉

【セールス森田】
平成まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中

巧く泡ができれば、味も一入だ

(出典 news.nicovideo.jp)

発売後見かけたら買おうと思っていたんですが、まさか売れすぎて販売中止になっていたとは笑

これは販売再開が待ち遠しいですね!

<このニュースへのネットの反応>

飲んでみたけど感動するようなもんじゃなかったな。結局味はいつものドライだし。

味に関しては(自身が)そんなに違いを感じられないけれど、グラスの用意や片付けなしにちょっとしたジョッキ気分で楽しく飲めるのは付加価値になりえそうだと思った。

宅飲みで楽しめるようなものじゃないな。アウトドアとか。つまり陽キャ向けだ

飲み終わった後の缶が最高の灰皿になるって印象しかない

一回目はこんもりこぼれずで良くできてんなと感心したが、二回目は冷えすぎたのか泡なしだった。単純にやると温度調整が難しい気がする。

缶ビールは将来全部この規格になってほしい

もっと供給増やしてくれー

width=”185″ height=”104″ border=”0″>

続きを見る