まとめサイト様の相互RSSはこちらから

うっせぇわのAdo、素顔が通っていた高校のインスタから判明?ネット騒然「ほぼイメージ通りや」 – 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

うっせぇわのAdo、素顔が通っていた高校のインスタから判明?ネット騒然「ほぼイメージ通りや」 – 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

うっせぇわのAdo、素顔が通っていた高校のインスタから判明?ネット騒然「ほぼイメージ通りや」 – 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版
秘密にしたいんだったら秘密にしとけばいいじゃん!?

NO.9764010 2021/08/19 17:53

うっせぇわのAdo、素顔が通っていた高校のインスタから判明?ネット騒然「ほぼイメージ通りや」

(※画像はイメージです)

19日、突如としてネット上の掲示板を中心に「うっせぇわ」でお馴染みのAdoさんの顔が、通っていた高校のインスタによって判明したという情報が公開されました。

この情報に、ネット上が騒然となっています。

19日、ネット上の掲示板を中心に、Adoさんの素顔に関する情報が公開されました。

Adoさんといえば、若い世代を中心に圧倒的な人気を誇っている方で、デビュー曲「うっせぇわ」はYouTubeで1億7千万回も再生されるなど、社会現象となったことでも注目を集めました。

未成年とは思えない独特の声や歌い方が特徴で、歌詞も風刺や社会情勢を反映したパンチのあるものや、エッジの効いた鋭い表現を多用することで、他のアーティストと一線を画しています。

Adoさんは、かつてニコニコ動画でボカロ曲の「歌ってみた」などを投稿していた歌い手として知られており、売れた現在でもでもなお顔出しはしていません。

正体は不明で、アニメーションに声を当てるという方法でメディアには度々出演をしていました。

そんなAdoさんをめぐり、ネット上の掲示板では「通っていた高校のインスタで素顔が公開されていた」という情報が投稿され、瞬く間に拡散。

Adoさんの素顔と思しき写真を目の当たりにしたユーザーからは、

《ほぼイメージ通りやな》

《Adoさんて顔バレしてたんだ…》

《あの声が出るんやろうなってイメージのまんまやわ。生まれ持ったものが歌手活動の助けになっとる》

《えぇ〜これがAdoちゃんの顔ですか?ってか、高校行ってたんや》

など、様々な声が寄せられていました。

通っていた高校のInstagramに、Adoさんの顔と思しき姿が写っていたとして話題となっていましたが、どこの高校に通っていたのでしょうか?

Adoさんは、2021年3月に自身のTwitterに卒業証書の写真を添付しており、そこで高校を卒業したことを明かしています。

ネット上の情報に詳しい芸能記者によれば、卒業証書の情報などを元に既に出身高校が判明しているのだそう。

「Adoさんは主にTwitterを中心に日々の様子を投稿しています。Twitter内では渡辺高等学院に通う同級生と仲良く会話をしている様子も見受けられましたし、高校のことを『陽キャの美男美女の楽園』と形容していたこともありました。何より、アップされた卒業証書が渡辺高等学院のものとも酷似しており、もっぱら、出身校は同校であるとの見方が強いですね」(芸能記者)

渡辺高等学院は、ワタナベエンターテインメントが運営をする通信制のサポート校で、エンターテイメントのレッスンを受けながら、高校卒業資格を取得できるという特殊な学校。

学費も少々割高なことで知られているため、過去にAdoさんは自前のPCの買い替えをめぐるフォロワーとの会話の中で、「高校のお金使わせすぎてしまったから頼めない」と、母親にお金を出してもらうことを渋っていると明かしていたこともあります。

また、コスプレイヤーとして活動をする小鳩さんは、自身のTikTokで渡辺高等学院の制服を着用した動画を投稿しており、同校出身者としても知られています。

そんな小鳩さんは過去、AdoさんのTwitterに「ほんとに推している、、、うちの高校1番の推しだよ、」とコメントをしており、Adoさんも「これ嘘とかお世辞なく、真面目に小鳩さんが初めて高校で一目惚れした方です」とのやりとりをしていたことも。

こうしたことから、Adoさんは渡辺高等学院に通っていたという可能性が非常に高くなるのです。

ネット上で話題となっていたInstagramの投稿では、同校の夏合宿の様子が公開されており、生徒たちの集合写真も投稿されていました。

2018年に入学をしたAdoさん。

夏合宿の様子は2019年の7月に公開されていますので、2年生の頃の写真であるとみて間違いないでしょう。

(文:服部慎一)

【日時】2021年08月19日
【提供】Quick Timez

続きを読む

続きを見る