まとめサイト様の相互RSSはこちらから

お風呂場で亡くなった父をそのまま半年放置、自称引きこもり(47)逮捕、遺体は浴槽で水につかった状態で発見される

お風呂場で亡くなった父をそのまま半年放置、自称引きこもり(47)逮捕、遺体は浴槽で水につかった状態で発見される

1: マニゲー速報 2021/09/15(水) 12:16:51.64 ID:57L95FNs9
父親の遺体を自宅で半年間放置か 47歳の息子逮捕 横浜

横浜市のアパートの1室で、この部屋に住む79歳の男性とみられる遺体が見つかり、同居していた47歳の息子がおよそ半年の間、遺体を放置したとして警察に逮捕されました。

逮捕されたのは横浜市戸塚区の無職、稲川宏一容疑者(47)です。 警察によりますと、14日午後、横浜市戸塚区南舞岡のアパートでこの部屋に住む稲川勇さん(79)とみられる遺体をアパートの管理会社からの通報を受けた警察官が見つけました。

同じ部屋にいた息子の宏一容疑者から話を聞いたところ、父親の遺体を遺棄したことを認めたことなどから逮捕しました。 警察によりますと、遺体は浴槽で水につかった状態で、死後数か月が経過しているとみられていて、 調べに対し、「ことし3月、同居していた父親が風呂場で亡くなっているのを確認したが、当時うつ病を患っていて葬儀などの手続きをする気持ちになれず放置した」と供述しているということです。

また、「去年、精神的な不調を理由に会社を退職してから家の中に引きこもっていた」とも話しているということです。

警察は、遺体のDNA鑑定を行って身元の特定を進めるとともに、事件の詳しい経緯を調べることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20210915/1000070219.html 

引用元: https://ift.tt/2XrHgBk

続きを見る