まとめサイト様の相互RSSはこちらから

まさかの「落選危機」甘利幹事長が3日連続で地元にべたばり 自民党から不満続出も

まさかの「落選危機」甘利幹事長が3日連続で地元にべたばり 自民党から不満続出も

まさかの「落選危機」甘利幹事長が3日連続で地元にべたばり 自民党から不満続出も
まさかの「落選危機」甘利幹事長が3日連続で地元にべたばり 自民党から不満続出も
自民党の甘利明幹事長は自身の出馬する神奈川13区で「落選危機」などと報じられ、幹事長としての全国行脚がストップ。選挙終盤の10月28日から最終日までの3日連続で地元に朝からベタばりして、駅頭や公園などをまわっていた。

この13区では野党共闘により、共産党が候補者の擁立を公示日直前に取り下げ、立憲民主党新人の太栄志(ふとり・ひでし)氏に一本化。甘利氏と太氏の一騎討ちとなっている。

選挙序盤の21日には、甘利氏は余裕しゃくしゃくでこうツイートをしていたものだった。

「本日は地元選挙区での決起大会でした。選挙期間中地元に入れるのは今日の2時間だけ。よってタスキをかけるのもこの2時間だけ。コスパの悪い選挙備品だね。でもその分、同志の応援に全国を走り抜けます」(10月21日)

もう地元には戻らないつもりだったらしい。確かに愛知県、青森県、東京都など各地の応援に連日まわったが、今ではそんな余裕は消し飛んでしまったかのようだ。

29日午後3時半過ぎ、甘利氏の「街頭演説会」が行われる綾瀬市のスーパー前の駐車場で待っていると、選挙カーからこんなアナウンスが聞こえてきた。

「甘利明本人は地元に戻ってまいりました。このあと、みなさまの前で直接、ご挨拶させていただきます」

駐車場には200人くらいの市民が集まっていた。甘利氏が選挙カーから下りてくると、拍手が起こる。甘利氏は「コスパの悪い備品」だったはずのタスキをかけ、白い手袋をし、選挙カーに乗って演説した。綾瀬市内だけで3カ所を回ったという。

演説後、甘利氏に「公明党の票が伸び悩んでいると聞きますがいかがですか..

【日時】2021年10月30日 19:30
【ソース】AERA dot.

続きを読む

続きを見る