まとめサイト様の相互RSSはこちらから

みずほ銀行、システム会社から「故障は4千年に1度」と説明されていた(1年で8回障害)

みずほ銀行、システム会社から「故障は4千年に1度」と説明されていた(1年で8回障害)

1: マニゲー速報 2021/10/10(日) 12:41:04.64 ID:FL+bmuR59

みずほ銀行と、持ち株会社のみずほフィナンシャルグループは8日、8〜9月にあったシステム障害の調査結果を金融庁に報告した。店頭窓口の取引が停止した障害は、機器故障の予兆を見落としていたことが判明した。機器の保守点検や障害時の復旧体制を見直す。

全国の店舗で窓口取引が停止した8月20日の障害は、機器が故障した後に予備機の故障も重なったのが原因だった。機器は約6年前に導入し、みずほは故障を想定していなかった。みずほは「システム会社から、(二重の)故障が起きる確率は4000年に1度と説明された」と強調した。ただ、同じ型番の機器で故障率は今年度2倍に増えているデータがあったが、みずほは故障の予兆としてとらえていなかった。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20211008-OYT1T50232/

引用元: https://ift.tt/3Bubdzs

続きを見る