まとめサイト様の相互RSSはこちらから

アメリカ マクドナルドが代替肉バーガーを試験販売を開始

アメリカ マクドナルドが代替肉バーガーを試験販売を開始

代替肉(だいたいにく)とは、動物を屠殺して得る食肉の代替として、大豆など植物性原料を使い、の食感に近づけた食品である。 プラントベースドミート(PBM)、フェイクミート、大豆ミート、大豆、ソイミート(soy=大豆)、疑似、植物性タンパク、アナログミート、ダミーミートなどとも呼ばれる。
49キロバイト (6,884 語) – 2021年10月15日 (金) 16:37
今までの肉自体も良いモノかはそれぞれの考え

1 ののちゃん(東京都) [CN] :2021/10/16(土) 01:07:50.95

アメリカのマクドナルドが、植物由来の代替肉を使ったハンバーガーを試験的に販売すると発表した。

アメリカのマクドナルドは14日、エンドウ豆や米など、植物由来の原料による「代替肉」を使ったハンバーガーを、11月3日から、国内8つの店舗で試験販売すると発表した。

代替肉が、健康面だけでなく、環境問題の観点からも注目される中、マクドナルドは、ヨーロッパの一部で代替肉を使ったハンバーガーをすでに商品化しているが、アメリカ国内での販売は初めて。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8aaa0f8953eaeac48a9dc198f4c9a7185f7e3596

参考モスバーガー

続きを読む

続きを見る