まとめサイト様の相互RSSはこちらから

アメリカのケンタッキーで「代替肉ナゲット」を期間限定販売

アメリカのケンタッキーで「代替肉ナゲット」を期間限定販売

KFCコーポレーション(KFC Corporation)は、フライドチキンを主力商品としたファストフードチェーン店「KFC」を運営するアメリカ合衆国の企業。日本では日本KFCホールディングスがケンタッキー・フライド・チキンとして展開している。 世界規模で展開し、世界で初めてフランチャイズビジネスを
33キロバイト (4,378 語) – 2021年12月29日 (水) 23:45
食感が変わらないなら

1 バーミーズ(千葉県) [CN] :2022/01/11(火) 17:34:05.40

健康や環境意識の高まりで注目される植物由来の代替肉だが、アメリカでは、代替肉のフライドチキンが登場した。

アメリカのケンタッキーフライドチキンで10日、大豆など植物由来の原料で作られた代替肉のフライドチキンを期間限定で発売した。

価格は6個入り800円ほどで、市民らが買いに訪れた。

購入した人「ビーガン(完全菜食主義)になって5年たつけれど、チキン味の商品は、これまで多くはなかった。匂いはフライドチキンそのものね!」

見た目はナゲットのような大きさや形。
食べてみると、歯ごたえはあるが、衣の風味はおなじみの味で、ほとんど肉との差がわからないという。

代替肉について、牛肉ではなくチキン風味の商品が、大手ファストフードの全米の店舗で発売されるのは異例。

そーす
https://news.goo.ne.jp/article/fnn/trend/fnn-296834.html
代替肉フライドチキン お味は? 米ケンタッキーが発売

続きを読む

続きを見る