まとめサイト様の相互RSSはこちらから

エルサレムにスギハラ広場「命のビザ」発給の杉原千畝を顕彰

エルサレムにスギハラ広場「命のビザ」発給の杉原千畝を顕彰

杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年〈明治33年〉1月1日 – 1986年〈昭和61年〉7月31日)は、日本の外交官。早稲田大学高等師範部英語科(現・教育学部英語英文学科)本科中途退学。 第二次世界大戦中、リトアニアの在カウナス日本国総領事館に赴任していた杉原
274キロバイト (42,129 語) – 2021年9月9日 (木) 15:40
こういう先人の貢献が今の日本への敬いを築いてくれてる

1 香味焙煎 ★ :2021/10/12(火) 08:57:43.43

【エルサレム共同】イスラエルのエルサレム市はナチス・ドイツのホロコーストから多数のユダヤ人を救った日本の外交官杉原千畝にちなみ、同市南西部にある広場を「チウネ・スギハラ広場」と命名、11日に記念式典を開き顕彰した。
杉原の名を冠した通りなどはイスラエル国内に複数存在するが、エルサレムでは初めて。

式典には、レオン市長や水嶋光一駐イスラエル日本大使、杉原に助けられたユダヤ人やその子孫らのほか、杉原の四男伸生さん(72)も参加。看板の除幕をした。

伸生さんは「生き残った人々の子どもや孫が記憶を受け継ぎ、再び子どもたちに(事実を)伝えている」とあいさつした。

共同通信
https://nordot.app/820421098857299968

続きを読む

続きを見る