まとめサイト様の相互RSSはこちらから

エンゼルス大谷翔平が今季2勝目

エンゼルス大谷翔平が今季2勝目

エンゼルス大谷翔平が今季2勝目 “リアル二刀流”で6回を4安打2失点 今季最多タイの10奪三振
エンゼルス大谷翔平が今季2勝目 “リアル二刀流”で6回を4安打2失点 今季最多タイの10奪三振
◇4日(日本時間5日) MLB エンゼルス3―2マリナーズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)はマリナーズ戦に「2番・投手」で先発登板。指名打者を解除して打線にも入る今季5度目の“リアル二刀流”で、6イニングを4安打2失点、今季最多タイの10奪三振(K)で今季2勝目を挙げた。4月26日レンジャーズ戦以来の白星。バットでは2打数無安打、1四球だった。

 無四球はメジャー4年目、通算20試合目の先発で初。さらに10奪三振は今季最多タイ。中継局BSウエストのモタ解説者は「われわれが目にしているのは、マスター級の投手に進化しつつある大谷翔平だね、グビ(グビザ解説者)。フォロースルーが、特に直球のとき全く暴れていない」と、驚きの口調を隠さず、振られたグビザ解説者も「それは300%正しいよ、ホセ(モタ解説者)」と同意した。

 心配された球速も、1回こそ最速94マイル(約151キロ)だったが、2回は96マイル(約154キロ)、3回はこの日最速の97・3マイル(約156・6キロ)をマーク。球団地元紙オレンジカウンティー・レジスターのフレッチャー記者も「97~99マイル(約156~159キロ)の剛速球があるのに、それを制球と健康のためにセーブしている」とツイートした。

【日時】2021年06月05日 13:18
【ソース】中日スポーツ

続きを読む

続きを見る