まとめサイト様の相互RSSはこちらから

オートバイ追跡中のパトカー、交差点曲がり切れず塀に衝突…後部座席の警部補が5日後に死亡

オートバイ追跡中のパトカー、交差点曲がり切れず塀に衝突…後部座席の警部補が5日後に死亡

オートバイ追跡中のパトカー、交差点曲がり切れず塀に衝突…後部座席の警部補が5日後に死亡 埼玉・越谷市
オートバイ追跡中のパトカー、交差点曲がり切れず塀に衝突…後部座席の警部補が5日後に死亡 埼玉・越谷市
埼玉県警は25日、緊急走行中のパトカーが民家のブロック塀に衝突する事故が19日にあり、後部座席に乗っていた越谷署地域課の佐藤正人警部補(56)が5日後に死亡したと発表した。県警はパトカーを運転していた同署の男性巡査部長(26)について、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で調べている。

発表によると、佐藤警部補らは19日午後11時頃、同県越谷市東越谷の市道交差点で、赤信号を無視したオートバイを発見。パトカーで約250メートル追跡し、交差点を右折した際、曲がりきれずにブロック塀に衝突した。民家の住民など一般人にけがはなかった。

佐藤警部補は事故直後から腹部の痛みを訴え、病院に搬送されたが24日に容体が急変して亡くなった。塩原克利副署長は「職員が亡くなったことは大変残念に思う。原因を究明し、この種の事案をなくす」とコメントした。

【日時】2021年11月25日 12:32
【ソース】読売新聞オンライン
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る