まとめサイト様の相互RSSはこちらから

キャリア官僚の不人気化が顕著  試験倍率過去最低に

キャリア官僚の不人気化が顕著  試験倍率過去最低に

キャリアキャリア官僚)とは、日本における国家公務員試験の総合職試験、上級甲種試験又はI種試験(旧外務I種を含む)等に合格し、幹部候補生として中央省庁に採用された国家公務員の俗称である。 高級官僚とその候補生の登用、昇進のシステムがキャリア制度(キャリアシステム)と呼ばれる。採用時の試験区分によっ
69キロバイト (11,574 語) – 2021年6月21日 (月) 07:51

(出典 www.dailyshincho.com)
長時間労働は嫌だよね

1 ボラえもん ★ :2021/06/23(水) 11:13:12.33

来年春の採用に向けた国家公務員試験の結果が発表され、いわゆる「キャリア官僚」の試験合格者の倍率が過去最低となったことが分かりました。

 人事院の発表によりますと、今年度実施した国家公務員の総合職いわゆる「キャリア官僚」を目指す試験の合格者数は1834人で、
倍率は7.8倍でした。これは、前身の国家1種試験時代なども含めて、過去最低の数字です。
 
 試験の申込者は1万4310人と5年連続で減少していて、倍率の低下に影響しています。
一方で、女性の合格者数は、全体の30.6%を占める561人となり、2年ぶりに3割を超えました。(21日17:31)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e7c7a1c8bce3c67e73d18a1a660c0c360f5ac2b

続きを読む

続きを見る