まとめサイト様の相互RSSはこちらから

スズキ・ジムニーロング【5ドア】2022年発売予測、派生モデル追加の動きあり – ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

スズキ・ジムニーロング【5ドア】2022年発売予測、派生モデル追加の動きあり – ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

スズキ・ジムニーロング【5ドア】2022年発売予測、派生モデル追加の動きあり – ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

ジムニーすごい人気だもんね‼

NO.9667591

スズキ・ジムニーロング【5ドア】2022年発売予測、派生モデル追加の動きあり
スズキ・ジムニーロング【5ドア】2022年発売予測、派生モデル追加の動きあり
現行型ジムニーは2018年に発売された4代目モデル。販売5年目となる2022年は、派生モデルとしてジムニーロングの追加発売が予想される。

ジムニーロングは通常ジムニーシエラからホイールベースが300mm延長されたモデルとなる。全長も300mm延長の3850mmということなので、前後オーバーハングを変えずに、ホイールベース延長のみでロングボディ化されるということになる。開発中のテスト車両の画像は既に完成形に近く、いずれ市販化されることが確定的と考えられる。

問題は、3ドアだけでなく5ドアも用意されるのか、日本発売されるのか、そして発売時期である。

■ジムニーロングの発売時期にマイナス材料、半導体不足による生産調整で通常モデルの納期が縮まらない
現行型ジムニーおよびジムニーシエラは発売時の好受注に始まり、コロナによる生産減を経て、最近では半導体不足による生産調整を強いられている。納期が縮まらない状況が続いているのだ。

現在のところ、オーダー時に言い渡される納期としては1年前後が多いようだが、実際にはそれより相当に早く納車されるケースもある。正確な納車時期が読めないというのが実情だろう。このような現行モデルの対応で手一杯の状況では、派生モデルであるジムニーロングの発売は後回しにされそうである。

しかし、海外向けの派生モデルが最近になってデビューし始めている。英国向けのジムニーLCVもその一つだ。

■ジムニーロングの発売に好影響か、英国向けジムニーLCVが発売、派生モデルが追加される段階になった
LCVは「Light Commercial Vehicle」の略で小型商用車を意味する。欧州ではCO2排出..

【日時】2021年07月15日
【ソース】自動車リサーチ

続きを読む

続きを見る