まとめサイト様の相互RSSはこちらから

セブン-イレブンの一部店舗で販売中の“スムージー”がおいしそうだと話題に 「ナニコレ最高」「全国展開してほしい」との声も

セブン-イレブンの一部店舗で販売中の“スムージー”がおいしそうだと話題に 「ナニコレ最高」「全国展開してほしい」との声も

 セブン-イレブンが店舗限定で販売している“スムージー”がおいしそうだと話題になっています。公式Twitterによれば、販売しているのは東京・千葉の一部店舗のみ。Twitterでは「ナニコレ最高じゃん」「全国展開してほしい」といった声が多くあがっています。

【反応まとめ】実際に販売しているところ

 「セブンのスムージー」は「ストロベリーバナナソイ」「パインケールグリーン」「ブルーベリーバナナヨーグルト」「ケールほうれん草パイン」「マンゴーパイン」の5種類。冷凍されたフルーツの状態で販売されており、購入後に専用マシンでスムージーにして飲むスタイルです。

 ラインアップは全5種類ですが、店舗によって取り扱い商品が異なり、東京都千代田区・港区を含む一部エリアでは「ストロベリーバナナソイ」「マンゴーパイン」「パインケールグリーン」「ブルーベリーバナナヨーグルト」の4種類を、東京都中央区千葉県船橋市を含む一部エリアでは「ストロベリーバナナソイ」「マンゴーパイン」「ケールほうれん草パイン」の3種類をそれぞれ販売中。上記エリア内でも店舗によっては取り扱いがない場合もあるそうなので、まずは冷凍ケースをのぞいて取り扱いがあるか確認してみるとよさそうです。

 店舗はかなり限られていますが、7月中旬ごろから販売されており、価格は250円。近くにもし取り扱い店舗がある人はなかなかラッキーかもしれません。

画像は公式Twitterより

(出典 news.nicovideo.jp)

あれば買うわ。全国展開してほしい。

<このニュースへのネットの反応>

続きを読む

続きを見る