まとめサイト様の相互RSSはこちらから

タイガー魔法瓶「倒れてもお湯が零れない」は誇大と消費者庁

タイガー魔法瓶「倒れてもお湯が零れない」は誇大と消費者庁

タイガー魔法瓶株式会社(タイガーまほうびん、英称:TIGER CORPORATION)は、大阪府門真市速見町に本社をおく非上場企業である。真空断熱技術や電気による熱コントロール技術を応用し、家庭用や業務用のステンレスボトル等の真空断熱容器(魔法瓶)・炊飯器等の調理電気製品、自動車・住宅・空調・宇宙
14キロバイト (1,580 語) – 2021年8月28日 (土) 10:06
CMは演出が過ぎると思うけど

1 シャチ ★ :2021/08/31(火) 18:07:11.08

消費者庁は電気ケトルの広告が「誇大広告」にあたるとし、法律に基づき、31日、タイガー魔法瓶に行政処分を下しました。

処分を受けたのは、蒸気レス電気ケトル「PCKーA080」でタイガー魔法瓶はこれまでテレビCMやウェブサイトで、ケトルが転倒してもお湯が全くこぼれないかのような宣伝をしていました。

消費者庁はこれに対し、実際は倒れたときにお湯がこぼれる場合があると指摘。宣伝は景品表示法に違反するとし、一般消費者への周知徹底や再発の防止などタイガー魔法瓶に措置命令を行いました。

タイガー魔法瓶は「措置命令を真摯に受け止め、今後このようなことがないように改善してまいります」とコメントしています。

TVOテレビ大阪
https://news.yahoo.co.jp/articles/f313e0eed2fecae8ec44607771d9b5a9bcd6f4e1

続きを読む

続きを見る