まとめサイト様の相互RSSはこちらから

タクシーが当て逃げもネット情報で運転手を発見する

タクシーが当て逃げもネット情報で運転手を発見する

テスラ(英: Tesla, Inc.、NASDAQ: TSLA)は、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く、アメリカの電動輸送機器およびクリーンエネルギー関連企業である。テスラ社の現在の製品には、電気自動車、家庭用からグリッドスケールまでのバッテリー電動輸送機器、ソーラーパネル、ソーラールーフタイル
64キロバイト (8,573 語) – 2021年6月21日 (月) 00:10
運転手が素直に謝ればネット私刑にならなかったろうに

1 あしだまな ★ :2021/07/26(月) 18:22:30.28

東京・渋谷区にある住宅前に現れたのは、後部座席のドアが開いたままのタクシーです。

この直後、タクシーのドアが、駐車場に止めてあった車にぶつかります。

ドアは車体側面を跳ねるようにして、3回接触しているのが分かります。
タクシーは、ドアをぶつけた後、一瞬スピードを落としますが、すぐさまドアを閉め、なんと、何事もなかったかのように、その場から走り去って行ったのです。

被害男性は「逃げるという行為を、プロであるタクシードライバーがするのは納得いかない。許せないという気持ちでいっぱい」と話します。

男性の車には、3カ所の傷が確認できます。
この車は、男性が4年前に約1000万円で購入した電気自動車で、修理には100万円近くかかる可能性があるということです。

男性は警察に相談しつつ、映像をSNSに投稿。
インターネットユーザーから寄せられた情報から、タクシー会社を特定し、逃げ去ったドライバーを見つけ出すことができたのです。

男性は現在、タクシー会社と話し合いを進めているということです。

https://news.livedoor.com/article/detail/20591095/

映像
https://video.twimg.com/amplify_video/1419539599072710659/vid/1280×720/O8y7TzRbiC_5D_Q8.mp4

続きを読む

続きを見る