まとめサイト様の相互RSSはこちらから

テレワーク疲れで出勤増、経営者側の生産性低下の懸念も要因

テレワーク疲れで出勤増、経営者側の生産性低下の懸念も要因

ワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。 テレコミューティングは、1970年代に、電気通信および関連する情報技術を移動の代わりに使用する業務関連の代替を意味する言葉として脚光を浴びるようになった。21世紀のテレワー
123キロバイト (17,483 語) – 2021年6月3日 (木) 17:23
メリハリがつかないという事か

1 マスク着用のお願い ★ :2021/07/16(金) 15:37:02.23

https://www.jiji.com/sp/article?k=2021071600802&g=eco
「テレワーク疲れ」で出勤増 在宅への満足度低下―生産性本部

日本生産性本部は16日、「働く人の意識調査」結果を発表した。テレワークをしている人で最近1週間の出勤日数が「0日」だった割合は11.6%と前回4月(18.5%)から減少し、昨年5月の調査開始以来最少となる一方、3日以上出勤の割合は増加した。政府は緊急事態宣言などの発出に伴い在宅強化を求めているが、生産性本部は「在宅勤務の効率、満足度が低下し、『テレワーク疲れ』が出ている」と指摘している。

 今月5、6日に1100人を対象にインターネットで調査。出勤は「3~4日」が34.4%(前回28.4%)、「5日以上」が23.2%(20.4%)とそれぞれ増加した。テレワーク実施率は20.4%(19.2%)とほぼ横ばいだった。

(リンク先に続きあり)

2021年07月16日15時25分
時事通信

続きを読む

続きを見る