まとめサイト様の相互RSSはこちらから

トヨタ【TNGAミニバン】ヴォクシー・ノアのFMC今秋~2021年度内、ダイナミックフォースエンジン搭載

トヨタ【TNGAミニバン】ヴォクシー・ノアのFMC今秋~2021年度内、ダイナミックフォースエンジン搭載

トヨタ【TNGAミニバン】ヴォクシー・ノアのFMC今秋~2021年度内、ダイナミックフォースエンジン搭載
トヨタ【TNGAミニバン】ヴォクシー・ノアのFMC今秋~2021年度内、ダイナミックフォースエンジン搭載
トヨタのミニバン、ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジが予定されている。
半導体の供給不足による新型車の発売延期が相次いでいるが、早くて今秋、遅くとも2021年度内の実施が見込まれる。

■ヴォクシーとノア、フルモデルチェンジ後も2.0Lガソリン車は継続
次期型ノア・ヴォクシーのパワートレインについて、多くのユーザーにとって気になるのは、ハイブリッド車よりもガソリン車ではないだろうか。
というのも、ノアとヴォクシーの販売台数に占めるハイブリッド車の比率は、現状で3割程度に留まっており、過半数を占めるのが低価格なガソリン車なのである。

こういった販売状況もあり、フルモデルチェンジ後についても2.0Lガソリン車の設定は残される見込み。
ただし現行エンジン3ZR-FAE型のキャリーオーバーではなく、ダイナミックフォースエンジンのM20A-FKS型の搭載が期待される。

次期ノア・ヴォクシーに採用されるGA-Cプラットフォームに限れば、これまでM20A-FKS型を搭載した国内モデルは、レクサスUX200、カローラツーリング “2000リミテッド”といったプレミアム車種に留まっている。

しかしM20A-FKS型がプレミアム車種向けのエンジンかといえば、そうとも言えず、北米ではカローラの通常モデル等にも採用されている。国内でも車体がワンサイズ大きくなるGA-Kプラットフォーム車種では、ハリアーやRAV4のエントリーモデルにも搭載されてきた。
ミニバン車種は、車両重量および空気抵抗が大きく、燃費が悪化しがちである。熱効率40%を誇るM20A-FKS型の採用が望まれるところである。

また、M20A-FKS型と組み合わさるトランスミッション..

【日時】2021年06月06日
【ソース】自動車リサーチ

続きを読む

続きを見る