まとめサイト様の相互RSSはこちらから

バイデン大統領、2030年に新車の50%を電動化とすると発表

バイデン大統領、2030年に新車の50%を電動化とすると発表

ゼロエミッション(zero emission)とは、環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン、モーター、しくみ、または、その他のエネルギー源を指す。「エミッション」とは「排出」の意。国連大学が1994年に提唱した排出ゼロ構想である。ゼロエミッション研究構想(Zero Emissions
3キロバイト (468 語) – 2021年3月21日 (日) 16:57
言う事に意味があるのかな

1 ボラえもん ★ :2021/08/05(木) 21:02:57.23

 【ワシントン共同】

 バイデン米政権は5日、2030年に新車販売に占める電気自動車(EV)など電動車の割合を50%に引き上げる新目標を発表した。
脱炭素化政策の一環で、モーターとエンジンを併用する通常のハイブリッド車(HV)を含めない。
トランプ前政権が緩和した燃費や排ガスの規制も強化する。日本勢など世界の自動車メーカーの販売戦略に影響を与えそうだ。

 バイデン大統領が大統領令に署名し「野心的な新目標」を決定する。
昨年比で30年には乗用車販売における温室効果ガスの排出量を6割超削減することができるとしている。
自動車各社も相次ぎ支持を打ち出し、EV化の加速は必至だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/901bdb9185698e1c44dd181132c0cdb828976fc7

続きを読む

続きを見る