まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ビートたけし「加害者と被害者で覆面パト乗ったのは俺だけ」

ビートたけし「加害者と被害者で覆面パト乗ったのは俺だけ」

その男、凶暴につき』(そのおとこ、きょうぼうにつき)は、1989年8月12日公開の日本映画。北野武の映画初監督作。松竹富士配給。興行成績は、配給収入が5億円。 キャッチコピーは「コドモには見せるな……」 なお、興行上の理由で、宣伝ポスターでは主演・監督ビートたけしとされ、フィルムのクレジットでは
19キロバイト (2,991 語) – 2021年8月16日 (月) 15:37
こういう事言えるからまだまだ上に居る

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/09/11(土) 22:08:33.92

[ 2021年9月11日 22:00 ]

 タレントで映画監督のビートたけし(74)が11日放送のTBS「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演し、元気な姿を見せた。

 たけしは先週4日の同番組放送終了後、午後11時40分ごろに東京都港区のTBS敷地内で、つるはしを持った男に襲撃された。フロントガラス、助手席などのガラスが割られる被害に遭ったが、たけし、運転手にケガはなかった。

 警備員が通報し、駆け付けた警視庁赤坂署員が、千葉県の40代無職の男の身柄を確保。刃渡り約10センチの小刀を所持していたため、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 40代無職の男は、フロントガラスに続いて、後部座席の扉のガラスを割り、たけしは後部座席に座っており「とにかくその場から逃げなければ」と思い、とっさに運転手が車をバックさせて、何とか男を振り切ったという。たけしは「恐ろしいよな、もう。つるはしだもんな「車のフロントガラスが結構バリバリに割れた。俺、ガラスを頭からかぶっちゃったよ」と仕事復帰をした際に関係者に語っていたという。

 40代無職の男は警察の調べに対して「芸能界に入りたくて6月下旬にたけしさんの車に土下座してお願いしたが、無視された」と供述。説明につじつまが合わない点もあり、新たに「相手にされていないと感じ、気に入らなかった」との趣旨の話もしているという。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/11/kiji/20210911s00041000585000c.html

続きを読む

続きを見る