まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ファミリーマートが無人店舗を3年後までに1000店に拡大方針

ファミリーマートが無人店舗を3年後までに1000店に拡大方針

無人店舗(むじんてんぽ、英: Unmanned store)とは、店内に従業員やレジ係がいない店舗を指す概念である。決済にはモバイルアプリを使用する。無人店舗は、自動化されたコンビニ(英語版)とは異なり、スマートフォン関連の技術とAIを活用することにより、伝統的な店舗が持つ特徴を取り除いたものである。
9キロバイト (1,183 語) – 2021年3月21日 (日) 15:23
コンビニといえば立ち読みとホットスナックが良さ

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/09/11(土) 06:11:07.67

2021年9月10日 21:03 (2021年9月11日 5:29更新)

ファミリーマートは無人のコンビニエンスストア店舗を2024年度末までに約1000店出す。通常店舗と同様に約3000品目の扱いが可能だ。
本格的な無人店の大規模展開は日本で初めて。これまでは店舗に人の常駐を求める規制が足かせになっていたが20年にルールが緩和された。
人口減少で日本の人手不足は今後深刻さを増す。デジタル技術で事業運営を効率化する動きが広がる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC257OL0V20C21A8000000/?n_cid=SNSTW001

続きを読む

続きを見る