まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ブラジル人サッカー選手が試合中に審判を蹴り殺人容疑で逮捕

ブラジル人サッカー選手が試合中に審判を蹴り殺人容疑で逮捕

リオグランデ・ド・スル州 Estado do Rio Grande do Sul リオグランデ・ド・スル州(リオグランデ・ド・スルしゅう、Estado do Rio Grande do Sul)は、ブラジルの最南端に位置する州である。北にサンタ・カタリーナ州、南にウルグアイ、西にアルゼンチンと国境
21キロバイト (2,555 語) – 2021年8月21日 (土) 18:13
フェアプレイの上での競技でしょう

1 カバガラス(光) [US] :2021/10/08(金) 08:29:08.47

前代未聞“試合中の殺人容疑”で逮捕 主審の後頭部蹴り上げたブラジル選手に海外波紋
■衝撃的な映像を英メディアが公開、海外ファン「信じられない」
ブラジル・サンパウロで行われたサッカーの試合で、
激怒した選手が主審を突き倒し、頭を強烈に蹴り上げるという衝撃的な事件に波紋が広がっている。
左足で後頭部に一撃を与えた実際の映像を英メディアが公開。
「意識を失わせた後、殺人容疑で逮捕された」と伝えている。

明らかにやりすぎだ。現地時間4日、サンパウロで行われたECグアラニ―SCサンパウロの一戦。
後半14分過ぎだった。ボールを追っていた中継画面に、黄色いウェアを着た主審が倒れこむようにフレームインしてきた。
すると次の瞬間、SCサンパウロのウィリアム・リベイロが主審の後頭部を思いきり蹴り上げたのだった。

目立つ赤髪のリベイロは、他の選手に抑えられても興奮が収まらない。
主審は起き上がることができず、周囲は焦るように救護を呼んでいる。深刻な状態のようだ。
リベイロの蛮行の決定的瞬間が画面では数度流れ、最後はピッチ上に救急車が到着。騒然とした雰囲気となっていた。

実際の映像を英メディア「ザ・スポーツマン」公式ツイッターが公開したほか、英紙「インディペンデント」は
「ブラジル人サッカー選手、ウィリアム・リベイロが審判を蹴って気絶させ、殺人容疑で逮捕された」
と見出しを打って記事を掲載している。

記事によると、頭を蹴られた主審は意識を失ったと伝えられており、リベイロが激怒した理由は
「審判がSCサンパウロにフリーキックを与えなかった」からだという。

「リベイロはスタジアムで逮捕され、地元警察に連行された。
今後、捜査が行われる間に勾留か保釈かが決まる」とも伝えられている。

ツイッター上の海外ファンからの間では
「何が起きたんだ」「本当に恥ずべきこと」「クレイジーな光景」「ひどいな」「信じられない」「牢屋行きにしてほしい」などと波紋が広がっている。
<画像>

https://news.yahoo.co.jp/articles/364f1dce8b80d0d2cddc0a842b82b60d9d5074af

続きを読む

続きを見る