まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ベネズエラ 通貨単位100万分の1切り下げのデノミ実施

ベネズエラ 通貨単位100万分の1切り下げのデノミ実施

ボリバルまたはボリバル(Bolívar)は、スペイン系の姓。スペインのバスク地方にある地名が発祥とされる。ボリバル姓の人物としては南米のスペイン植民地を解放して独立に導いたシモン・ボリバルがもっとも有名で、南米には彼にちなみボリバルと命名された地名が多数存在する。 ベネズエラ・ボリバル – 2007年までのベネズエラの通貨。
2キロバイト (326 語) – 2018年8月21日 (火) 08:33
自国通貨が意味をなさない国って

1 きのこ組(東京都) [CN] :2021/10/02(土) 11:52:53.99

経済の行き詰まりから激しいインフレが続く南米のベネズエラで、通貨の単位を100万分の1に切り下げる
デノミネーションが行われました。ただインフレを抑制するための経済や金融の政策が伴っていないとの
指摘もあり、効果が上がるかは不透明です。

南米のベネズエラでは、独裁を続けるマドゥーロ政権と反政府側の対立による経済の混乱で物価の
高騰が続いていて、反政府側の集計でことし8月のインフレ率は年率1743%に上っています。

ベネズエラの中央銀行は1日、経済の立て直しに向けて、通貨の単位を100万分の1に切り下げる
デノミネーションを行いました。

ベネズエラでは、2008年に通貨の単位を1000分の1に、3年前の2018年には10万分の1に切り下げましたが、
その後も通貨の下落に歯止めがかからず、多くの国民が銀行のデビットカードやアメリカドルを使っています。

現地の専門家は今回のデノミネーションについて、インフレを抑制するための経済や金融の具体的な政策が
伴っていないと指摘していて、効果が上がるかは不透明です。

産油国としてかつて栄えたベネズエラでは、経済の行き詰まりに加えて、新型コロナウイルスの感染拡大も
重なって、国民の多くが極度の貧困状態にあるとの調査結果も出されるなど、市民生活の苦境が続いています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211002/k10013287151000.html

続きを読む

続きを見る